国内市場、信頼回復により求人活動が活発化~ロバート・ウォルターズ・ジャパン、「2013年上半期マーケットアップデート」を発表~

@Press / 2013年7月18日 11時0分

スペシャリスト人材紹介会社、ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社(日本オフィス:東京都渋谷区、代表取締役社長:デイビッド・スワン)は、2013年7月16日に「2013年上半期マーケットアップデート」を発表しました。


◆「2013年上半期マーケットアップデート」のハイライト
政府の財政政策「アベノミクス」を通じ市場への信頼が回復したため、求人活動が活発になりました。第1四半期、第2四半期に市場環境が好転した結果、昨年に比べ企業の雇用数は増大し、転職機会を求めるスペシャリストの数も増えました。

事業成長を促し、国内における銀行融資額の増大に対応するため、企業は幅広い職種を採用しました。金融機関では増加する取引活動を管理するため、信用リスク・取引先リスクに詳しい経験豊富な法務スペシャリストを募集。金融データプロバイダーも、リスク管理の業務経験を持つファイナンシャルエンジニアを募集しリスク管理機能を強化しました。

市場環境の回復を受け、特に製造業の求人活動が活発化。2013年上半期には、円安と中国・マレーシアの生産コスト上昇が原因で輸出製品の需要が増大。製造業では、ジュニアからミッドレベルを中心に、事業活動の成長を支える営業専門職、プログラムマネージャー、テクニカルエンジニアの需要が高まりました。

取引高は増加したものの、景気回復の長期的な持続性に関しては多くの企業が慎重な姿勢を保ちました。正社員の過剰雇用を避けるため、企業は専門職に契約社員を雇用し当面の取引増大に対応しています。特に原価計算、買掛金・売掛金勘定、総勘定元帳作成業務の経験を持つ経理契約社員の需要が増加しています。

2013年上半期調査や国内の他業種については、下記サイトよりダウンロードしてください。(※英語版のみとなっておりますのでご了承ください。)
http://www.robertwalters.co.jp/for-employers/market-update.html


◆ロバート・ウォルターズについて( http://www.robertwalters.co.jp )
ロバート・ウォルターズ株式会社は、1985年英国ロンドンにて設立され、世界24カ国の主要都市に53の事業所を有するグローバル人材紹介会社です。
2000年に設立された日本オフィスでは、全ての業界を対象に専門分野に特化した人材紹介および人材派遣サービスを提供しています。
当社は、日系中小企業から大手企業、世界有数のグローバル企業に至るまで、幅広い層のクライアント企業と取引があります。人材紹介の業種と職種は多岐に渡り、銀行・証券、投資、不動産・保険、経理・財務、IT、法務・コンプライアンス、営業・マーケティング、人事、秘書・サポート業務、物流・購買・サプライチェーン、リテール、サービス業、医療・医薬・バイオ分野を専門としています。


【会社概要】
会社名 : ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社
代表者 : 代表取締役社長 デイビッド・スワン(David Swan)
資本金 : 1,400万円
設立  : 2000年1月4日
所在地 : 東京都渋谷区渋谷3丁目12番18号 渋谷南東急ビル14階
URL   : http://www.robertwalters.co.jp
事業内容: 人材紹介・人材派遣・人材コンサルティング業務

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング