ジェーシードゥコー、アブダビ空港会社と10年間の独占契約を獲得

@Press / 2013年7月18日 11時30分

世界第1位の屋外広告会社であるジェーシードゥコー(フランス)と三菱商事の合弁企業であるエムシードゥコー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ジャンコーム ランフランキ)は、ジェーシードゥコーグループがアブダビ空港会社(ADAC)と10年間の独占契約を締結したことを発表しました。

契約は2013年8月1日から発効し、ジェーシードゥコーはアブダビの3つの空港、アブダビ国際空港、アル・バティーン・エグゼクティブ空港(中東北アフリカ地域における唯一のビジネスジェット用空港)、およびアル・アイン国際空港での広告を運営する独占権を持つこととなります。


<ジェーシードゥコーグループの主な数字>
・2012売上:26億2,300万ユーロ、2013 1Q 売上:5億6,570万ユーロ
・ジェーシードゥコーはEuronext ParisのEurolistに入っており、
 Euronext 100 indexに含まれている。
・ストリートファニチャーにおいて世界第1位(434,700の広告面)
・交通広告において世界第1位:150以上の空港、
 280以上の地下鉄・バス・電車およびトラムと契約(358,100の広告面)
・ビルボードにおいて欧州第1位(199,600の広告面)
・アジア太平洋地域の屋外広告において第1位(205,000の広告面)
・セルフサービスレンタル自転車において世界第1位
・55以上の国において1,002,800の広告面
・人口1万人以上の3,700市にて事業展開
・10,484人の従業員


リリース全文: http://www.atpress.ne.jp/releases/37227/1_5.pdf

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング