企業の国際電話料金を大幅に削減可能な「Arcstar SIP Trunking」における外線着信サービスの提供エリア拡大について

@Press / 2013年7月18日 11時0分

 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、企業向け国際電話サービスである「Arcstar SIP Trunking」(*1)において、外線着信サービスの提供エリアを拡大し、2013年7月18日より、香港やシンガポールなど既に外線発信サービス提供中の9ヵ国・地域でも提供を開始します。


1.Arcstar SIP Trunkingの概要
 Arcstar SIP Trunkingは、当社のVPNサービス「Arcstar Universal One」を介して、企業の国内外拠点から他国や取引先などへの外線通話を安価に利用できるサービスで、現在、世界111ヵ国・地域で提供しています。Arcstar SIP Trunkingの外線発信サービスにより、外線通話コストを約70%(*2)削減できるほか、今回、外線着信サービスを追加するエリアでは、外線発着信用の電話回線をVPNに統合できるため、通信回線の維持コストや運用負荷を大幅に削減可能です。
 あわせて、PBX機能や会議機能、メッセージングなどの多彩なコミュニケーションサービスを提供する「Arcstar UCaaS」を組み合わせて利用することで、内線・外線双方の通信コストを削減できるとともに、ワークスタイル変革による業務効率化や生産性向上も実現します。


2.外線着信サービスを追加するエリア
 香港、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランド、スイス、オーストリア、ノルウェー、スウェーデン、ルクセンブルク


3.利用料金
 工事料金・基本料金・着信番号料金・通話料金に加え、別途Arcstar Universal Oneの料金(ポート料金・回線料金・ルータ使用料金等)が必要となります。その他の提供条件や料金の詳細は国・地域で異なりますので、別途お問い合わせください。


4.提供開始日
 2013年7月18日(木)


*1:「Arcstar SIP Trunking」の日本国内でのサービス名称は「Arcstar IP Voice」です。
*2:シミュレーション条件
1時間あたりのコール数:26回、平均通話時間:5分、月間営業日:20営業日、発信元:シンガポール、発信先:インド・マレーシア・中国・インドネシア・タイ
 上記条件で、海外キャリアの国際通話サービスを利用した場合、約8,500USドル/月。同条件でArcstar SIP Trunkingを利用した場合、約2,600USドル/月となることから、約70%のコスト削減が可能。(海外キャリアの国際通話サービス料金は一例です)


■関連リンク
Arcstar SIP Trunking http://www.ntt.com/a_siptrunking/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング