「EV・PHVタウンシンポジウム-in飛騨高山-」を開催

@Press / 2013年7月26日 10時0分

ロゴ
一般社団法人 次世代自動車振興センターは経済産業省と共同で、EV・PHV普及に向けた国内外の最新の取組を全国に紹介するため、2013年8月6日(火)に高山市民文化会館(岐阜県高山市)において、中部地域で初めてとなる「EV・PHVタウンシンポジウム-in飛騨高山-」を開催します。


1.背景
地球温暖化対策やエネルギーセキュリティの確保、また我が国の自動車産業の競争力強化のためには、環境性やエネルギー効率に優れ、世界的な競争が激化している電気自動車(EV)や、プラグインハイブリッド車(PHV)の本格的な普及が不可欠です。

経済産業省では、EV・PHVの普及に先駆的に取り組む都道府県を「EV・PHVタウン」として選定し、各タウンでの集中的な取組結果から普及モデルの確立を図り、日本全国への展開を目指してきました。

このたび、各タウンでの集中的な取組を紹介するため、中部地域では初めてとなる「EV・PHVタウンシンポジウム-in飛騨高山-」を開催いたします。本シンポジウムでは、地域密着、中山間地域でのEV・PHV導入の取組等をご紹介します。


2.開催概要
日時:2013年8月6日(火) 10:30~16:00
場所:高山市民文化会館 岐阜県高山市昭和町1丁目188-1
内容:講演 地方自治体(岐阜県、岡山県)、地元企業、国土交通省、
      経済産業省、他
   パネルディスカッション、他
定員:200名(無料・事前登録制)

※シンポジウムの詳細、申込方法については以下のURLをご参照ください。
<一般社団法人 次世代自動車振興センター ホームページ>
http://www.cev-pc.or.jp/symposium/index.html

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

会場地図

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング