消費電力を最大88%削減!『ハロゲン電球形LED』を7月末にレンタル販売開始

@Press / 2013年7月23日 10時30分

ハロゲン
 株式会社エフティコミュニケーションズ(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:平崎 敏之、証券コード:2763)は、従来のLED照明L-eeDo(エルイード)のラインナップに加え、ダイクロハロゲン電球75W形の明るさと輝き感を実現し、88%もの消費電力削減を実現する「LEDioc LEDアイランプ ハロゲン電球形 5W 高出力タイプ(E11口金形)」のレンタル販売を2013年7月末に開始いたします。


【背景】
 お客様の「オフィスと生活に新たな満足を…」をキャッチフレーズに、当社は2011年8月から、主に中小企業様のオフィス向けに、直管型LEDのレンタル販売を展開して参りました。当社のLEDは、節電効果、明るさ、低発熱、低紫外線といった品質面はもちろん、独自のレンタル方式による投資負担の軽減効果についても好評をいただき、2013年3月期に約40万本の直管型LEDのレンタル販売を達成いたしました。
 今回は主に店舗向けに、ご要望の強かったハロゲンタイプLEDの販売を開始いたします。
 オフィス向けLED照明市場の約1.6倍の規模(当社試算)をもつと考えられる店舗向け照明市場は、従来、光量に劣るLED照明が弱い分野であり、LED照明市場としては未開の市場でした。当社は店舗使用にも十分な輝度を有し、消費電力の削減と長寿命を確保しうるハロゲンタイプLEDを各種取り揃え、直管型LEDでも好評いただいた、独自のレンタルスキームをもって、この未開の市場を開拓して参ります。


【独自のレンタル方式】
 取り外しが容易であるハロゲン電球等はレンタル商材の取扱いが困難とされていましたが、信販会社との協力により、レンタル商材として取り扱うことが可能になっています。


【主な特徴】
(1) 業界No.1の高出力 ダイクロハロゲン75W形50Wと同等の明るさ
 ハロゲン電球に近い光色、電球色タイプの最大光度:2500cdを達成。屋内空間では、業種を問わず数多く使用されているダイクロハロゲン電球75W形(50W)と、同等レベルの明るさを実現。さらに爽やかな光色の白色タイプは最大光度:2800cdとハイパワー。

(2) 独自の放熱技術でランプの輝きを再現
 ミラー部にハロゲン電球と同様のダイクロイックミラーを採用し、LEDと電源ユニットの熱対策については、独自の放熱技術により解決しています。ダイクロイックミラーからの透過光でハロゲン電球のようなランプの輝き感を創出しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング