新サービス「社内格付システム」を7月22日リリース

@Press / 2013年7月22日 11時0分

社内格付詳細画面
与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスター株式会社(以下 リスモン、本社:東京都千代田区、 http://www.riskmonster.co.jp )は、新サービスとして独自評価指標算出システム「社内格付システム」(以下 本サービス)を2013年7月22日にリリースいたします。


今回リリースする本サービスでは、リスモン独自の倒産分析指標であるRM格付にお客様が取引先から直接入手した決算書情報や定性情報を組み合わせた顧客自前で評価指標を算出することができます。外部評価と顧客自前の情報を組み合わせて取引先に対する最終的な評価を行い、与信管理を運用している企業への導入を目指します。なお、本サービスはプレミアムパックを利用している企業向けに提供するサービスです。
プレミアムパックは、与信クラウドサービスとして、お客様社内の債権管理システムなどとの連携により、限度額管理・顧客情報集約ができる顧客管理機能と、顧客情報をデータベースから自動で呼び出すことで、取引申請決裁業務を効率的に行えるワークフローを2013年4月より提供しております。


■「社内格付システム」サービス概要
リスモンのRM格付、RM財務格付に加え、お客様が独自入手した決算書情報や現場で収集した定性情報を入力することで、お客様独自の社内格付を付与することができます。RM財務格付はリスモンが決算情報を入手できていない企業についても、直接入手した決算情報を入力することで算出が可能ですので、RM格付のない企業に対してもお客様がお持ちの情報を基に格付を付与することができます。また、定性項目は、会員企業の要望に合わせてリスモンがカスタマイズしご提供いたします。

【社内格付詳細画面】
http://www.atpress.ne.jp/releases/37312/x_1.png

【財務情報入力画面】
http://www.atpress.ne.jp/releases/37312/y_2.png


■与信管理サービスについて
リスモンが提供している与信管理サービスでは、会員共通の画面で格付や与信限度額等の与信管理指標などを提供するライトパックや、会員様の取引先信用状況を常時モニタリングし、異変があればすぐにお知らせするサービスを組み込んだスタンダードパック、リスモンの企業情報に自社情報を追加して独自の顧客管理機能とそれに連動した与信管理決裁システムや社内格付システムを提供するプレミアムパックなど、お客様のニーズに合わせた3種類のコースを提供しております。


■リスモンの概要(東京証券取引所ジャスダック上場 証券コード:3768)
2000年9月設立。同年12月よりインターネットを活用した与信管理業務のアウトソーシングサービス、ASPサービス事業を開始しました。以来サービス分野を拡大し、現在は与信管理ASPクラウドサービス、ビジネスポータルサイト(グループウェアサービス等)およびBPOサービスの3つを中核事業と位置づけ、事業展開しております。
リスモングループ法人会員数は、2013年3月末時点で8,847(内、与信管理サービス等4,720、ビジネスポータルサイト等3,564、その他563)となっております。http://www.riskmonster.co.jp

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

財務情報入力画面

@Press

トピックスRSS

ランキング