1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

現役プロサッカー選手の“静岡への想い”を形にした伐採木を活用したツリーハウス兼ゲスト交流カフェプロジェクト!11月30日までCAMPFIREにて宿泊施設設立・運営資金の募集

@Press / 2023年11月7日 10時30分

ビル内ツリーハウスのイメージ
静岡県三島市大通り商店街に加盟する株式会社IXcurre(イクスカルレ、本社:静岡県三島市、代表取締役:渥美 直人、以下「IXcurre」)は、株式会社TTS(ティーティエス、本社:静岡県静岡市葵区、代表取締役:山崎 竜男、以下「TTS」)と連携して、静岡県三島市への観光客の誘客と、自然と人を循環させる目的で、TTSの伐採木を活用した「ビル内ツリーハウス兼ゲスト交流カフェ 林縁~Lien(りえん)」を作ります。
現役プロサッカー選手である長沢 駿(現大分トリニータ)、犬飼 智也(現柏レイソル)の「静岡への想い」と「静岡への感謝」を形にするために立ち上げたプロジェクト「HIGH FIVE」は、その宿泊施設設立・運営資金をクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて募集開始しました。
募集期間は2023年10月10日(火)から11月30日(木)で、募集金額は1,000万円を目指します。
URL: https://camp-fire.jp/projects/view/694334

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/373368/LL_img_373368_1.jpg
ビル内ツリーハウスのイメージ

■清水エスパルスユース出身者プロジェクト「HIGH FIVE」の立ち上げの背景と概要
HIGH FIVEは、現役プロサッカー選手である長沢 駿(現大分トリニータ)、犬飼 智也(現柏レイソル)の「静岡への想い」と「静岡への感謝」を形にするため、清水エスパルスユースを卒業した5名(渥美 直人、山崎 竜男、長沢 駿、滝戸 諒、犬飼 智也)が立ち上げたプロジェクトです。
プロジェクト立ち上げメンバー全員が「静岡県」という地域に、想いや愛を持っており、「自分たちができることをして、静岡県を活性化させよう!」と、意気込んで始めた本プロジェクトは、第1弾として、IXcurreの渥美が本社を置く「静岡県三島市」を舞台に展開します。
そして、これを皮切りに、多くの知見を組み合わせて、静岡県各地の活性化を支援していきたいと思っています。本プロジェクトを、第1弾、第2弾、と進めるにあたり、エスパルスユース出身者が続々とメンバーに加わり、静岡県の活性化に貢献できれば良いなと思うと共に、多くの人を巻き込み、静岡県の地域活性化をさらに加速させていきます。

<プロジェクト名「HIGH FIVE」の由来>
日本ではハイタッチの意味。いろんな縁が繋がっていき、それぞれがハイタッチして楽しんでいるイメージから連想しました。
最初は清水エスパルスユースを卒業した5名で始めたため、その5(FIVE)にも掛けています。

【「HIGH FIVE」クラウドファンディング概要】
プロジェクト名: HIGH FIVE
実施期間 : 2023年10月10日(火)~11月30日(木)
受付窓口 : クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」
https://camp-fire.jp/projects/view/694334
目標金額 : 10,000,000円
返礼品 : オリジナルクラフトコーラ、現役プロサッカー選手の使用品等
その他 :
・各商品は限定生産とし、販売数が上限に達した時点で販売終了とします。
・本プロジェクトにおける売上金額の一部は、林業関連事業者へ寄付します。詳細は今後設立予定のWebサイト等にて発表していきます。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/373368/LL_img_373368_3.jpg
プロジェクトの5名

■ビル内ツリーハウス兼ゲスト交流カフェ 林縁~Lien(りえん)
私たち「HIGH FIVE」の第一弾の取り組みとして、「ビル内ツリーハウス兼交流カフェ(施設名:林縁~Lien)」は、一般宿泊施設に、ゲストと地元民が交流可能なカフェ&バーを併設した場所で、静岡県三島市の中心街のビルの一角に存在します。
観光客にとっては地域との触れ合いやコア情報との出会い、地元民にとっては新たな発見や出会い、の場としていくことをコンセプトに、静岡県三島市の将来的なイノベーションを生み出す源泉としていくことを目標にします。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/373368/LL_img_373368_2.jpg
交流カフェの外装イメージ

以下の特徴を有し、自然と人に重点を置いた、静岡県三島市観光活性化プロジェクトです。
1) 東京から新幹線で50分の「JR三島駅」から徒歩10分の中心街の立地
2) 多くの自然・観光資源に囲まれた中心街地域
3) 1日1組限定の宿泊施設で、プライベート感を演出するとともに、地域住民との触れ合いも可能
4) 地産地消を根源とした地域の食と誰でも手ぶらでアウトドア感を堪能可能な施設
5) TTSの伐採木を活用したSDGsへの貢献

【「林縁~Lien」物件概要】
宿泊施設名 :林縁~Lien(フランス語で「環(わ)」の意味)
開業予定日 :2023年12月22日(金)
所在地 :静岡県三島市本町12-2 KAWATA BLD 本町II 4階
宿泊可能人数:1日1組 最大8名様まで
運営会社 :株式会社IXcurre(旅館業許可取得予定)

<飲食スペースコンセプト>
●林縁~Lienに併設
●宿泊ゲストと地元民の交流(昼11:30-15:00、夜18:00-22:00)
●多彩なアウトドアメニュー

<特徴>
林業における伐採木を活用した室内で非日常が味わえる空間を演出
隣接のカフェ&バーを利用可能(宿泊以外の一般客利用について予めご了承ください)


■魅力のある静岡県に貢献する
●「HIGH FIVE」プロジェクト責任者 渥美 直人 コメント
私がこの静岡県三島市に移住して感じているのは、近隣の伊豆や熱海に劣らず、三島市独自の魅力があるということ。これは、三島スカイウォークやフルーツパークといった観光施設だけでなく、JR東海道新幹線の停車駅「三島駅」から徒歩10分圏内に、湧き水や緑豊かな公園などの自然景観、古くからある旧東海道沿いの商店街など、街独自の魅力が溢れています。周遊するには絶好の街並みです。
私は、静岡市で生まれ育ち、静岡県に貢献できることがしたい!という思いのもと、静岡の企業に勤めてきました。現在は、自分の想いのもと、リハビリテーションに特化した半日型のデイサービス「ココカラクト三島本町」を運営していますが、その地に選んだのが静岡県三島市でした。
このココカラクト三島本町は、2022年10月に立ち上げたばかりですが、ありがたいことに非常に多くの方に好評いただいております。また、伊豆箱根鉄道「三島広小路駅」から、源頼朝が旗揚げの地として選んだ「三嶋大社」を結ぶ旧東海道沿い(通称:大通り商店街)の古くからの歴史を紡いだ一角で運営しており、何百年と続く老舗、魅力ある店舗、魅力ある住民とも、関わりを強く持っています。
社会人になってから得たスキルや知見、想像性を静岡県に活かすべく、このプロジェクトを成功に導いていきます。


■林業への意気込みについて
●「HIGH FIVE」造作責任者/TTS 代表取締役 山崎 竜男 コメント
こんにちは。清水のドラゴンこと「竜男(たつお)」です。
機械やモノが溢れる現代、皆様は自然と触れ合う時間ありますか?
私は、幼い頃から、自然の溢れる中で育ち、気づけば山の中、木の上、川の中などで遊んでいました。その中でも、一本一本顔色が異なる木々の魅力に惹かれ、林業に関わり始めました。林業の業界は、担い手が減っています。様々な問題がありますが、土地の多くを山林が占める日本においては、特に、土地を肥沃にし、農産物を育て、災害から人を守るためにも、山林を管理(伐採)して、木に適切に栄養を与えていかなくてはなりません。私は、林業を皆様にもっと身近に感じてもらえるよう、ちょっと変わった林業の「ワクワク」を伝えていきたいと思っています。

また、私は、思春期丸々、清水エスパルスの下部組織で6年間サッカーをし、様々な経験をしました。その中でも1番の財産は、一生付き合える親友がきた事だと感じています。
そんな親友たちは県外、国外で活躍しているため、会えても年一回。そのために毎年開催しているのが初蹴り。そのあとは静岡市街で会食し、昔話や近況共有などで盛り上がります。そんな過程で、このプロジェクトの話が浮上しました。
様々な経験をして成長して大人になった今、ここまで育ててくれた静岡に、静岡で、ちょっと変わった「ワクワク」を、1つ、2つ、と創り上げ、静岡の観光活性化、林業の〇〇に貢献していきます。
第一弾である三島にオープン間近の【林縁~Lien】、是非ともご支援・ご協力よろしくお願いします。

企業名 :株式会社TTS
所在地 :静岡県静岡市葵区南沼上
事業内容:伐採事業、造作事業等


■メンバーそれぞれの静岡県への想いについて
●「HIGH FIVE」広報責任者 長沢 駿 コメント
私は、生まれも育ちも静岡で、プロサッカー選手になったのも「清水エスパルス」でした。そこから、熊本、京都、松本、大阪、神戸、仙台、大分と移籍をし、様々な土地での生活を経験しました。それらの土地でも素晴らしい出会いや素晴らしい所がありましたが、実家のある静岡に帰省した時、富士山を見た時、海を見た時、古くから続く商店街を歩いた時などの安心感や高揚感は、いつになっても、私に心の落ち着きを与えてくれます。
そんな素晴らしい、生まれ育った静岡に恩返しをしたい、もっと全国の人に知ってもらいたいと思いこのプロジェクトを進めてきました。
静岡の為に。ご支援よろしくお願い致します。

●「HIGH FIVE」事業推進責任者 犬飼 智也 コメント
私は、清水エスパルスの下部組織で育ち、清水エスパルスでプロになり、静岡県外のチームへ移籍してからも、静岡が大好きで、「静岡で何かしたいな。」と昔から考えていました。今回、清水エスパルスユースの先輩達と卒業後の縁があって話し合いこのプロジェクトを始めました。今回のプロジェクトを第一弾として、これからもっと地元静岡の為になることを、微力ながら少しずつ出来たらいいなと思っています。ご支援よろしくお願いします。

●「HIGH FIVE」仕入責任者 滝戸 諒 コメント
私は、静岡で農業を営んでおります。農業で静岡を盛り上げていきたいと思い活動している中、このプロジェクトがスタートしました。
静岡の魅力とはなにか。静岡をどう活かしていくか。ミーティングを繰り返し、ついに最初の一歩を踏み出すことができました。
清水エスパルスのエンブレムを胸に付け、日々練習に励んだ6年間。素敵な出会いや刺激がそこにはありました。卒業してから10年以上経ちますが、今でも関わり合える先輩後輩との縁により生まれたこのプロジェクト。素敵な静岡の魅力の一部になれると確信しております。是非ともご支援お願い致します。


■株式会社IXcurreについて
当社では、「体を動かす喜びを」をモットーに、静岡県三島市高齢者や子どもたちもの体づくりに励んでいます。
「もう一度〇〇したい」「この目標に向かって頑張りたい」など、諦めない人や頑張りたい人を応援します。
当社は、自分自身の「ココロ」と「カラダ」に向き合い、心身をつなぐ(コネクト)ことを対話と呼び、最も大切にしています。
対話を続けていくことで、日々の心地よさを感じ、自身の成長を支援します。
結果として、自身が望む「姿」に近づいていけると信じています。

【これまでの展開施設】
・リハビリ特化型デイサービス「ココカラクト三島本町」
https://cocokaract.super.site/

【会社概要】
社名 : 株式会社IXcurre
本社所在地: 静岡県三島市大社町18-52 (LtG Startup Studio内)
代表取締役: 渥美 直人
事業内容 : 介護サービス事業、パーソナルトレーニング事業、スクール事業等
設立 : 2022年6月22日
HP : https://cocokaract.super.site/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

交流カフェの外装イメージプロジェクトの5名

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください