~ハードディスク消去(破壊)ログ一括管理機能付き~ハードディスク物理破壊マシン『BREAKS-5L』新発売

@Press / 2013年7月24日 10時30分

オリエントコンピュータ株式会社(所在地:大阪市中央区、代表取締役社長:金澤 歓喜)では、ハードディスク消去(破壊)ログ一括管理機能付き“ハードディスク物理破壊マシン『BREAKS-5L』”を発売しました。

『BREAKS-5L』
http://www.orient-computer.co.jp/products/breaks-5L.php


■製品概要
「BREAKS-5」の後継機種として、ハードディスク(以下 HDD)のシリアル番号をバーコードリーダーで読み取ることで、HDD消去(破壊)ログの管理が可能となります。
当社の磁気消去機やデータ消去ソフトのログと一緒に、HDD消去(破壊)ログの管理が行えるため、全てのHDDの破壊・完全消去ログを一括で、各企業のIT機器管理システムへ取り込むことが可能になります。
また、当社の消去(破壊)ログ一括管理システムは、デジタル署名付きの消去証明書の発行も可能で、HDD廃棄会社、データ消去サービス会社、大手PCリース・レンタル会社様にもトータルなHDDデータ完全削除ソリューションを提供します。
今後、さらに重要となってくるHDDや他のデータ記憶機器からの情報漏洩防止コンプライアンスへのより強固な対応が可能になります。


■製品特長
・2.5inch、3.5inchハードディスク、30mmの厚型ハードディスクに対応。
・連続使用が可能。
・取り付け治具の採用により、位置を固定するため、操作ミスがありません。
・安全装置を取り付けているので、HDDを奥まで入れた状態でないと稼動しません。
・緊急停止ボタンを装備した安全設計。基準位置への復帰も簡単。
・取っ手付きで持ち運びも便利です。
・作業油などの油類を使わないモーター駆動のため、静音でメンテナンスも簡単。
・ログ管理システムが標準仕様で付属。

<新機能のご紹介>
・ログ管理システムは『Breaks-5L』とパソコンを接続し、破壊したHDD情報と作業履歴を記録するシステムです。
・HDDのメーカー名、型番、製造番号、お客様名、作業場所、作業者名、作業日時などが記録されます。
・HDD情報は市販のバーコードリーダーを使って素早く入力が可能です。
・記録された情報はデータベースに取り込んで一括管理でき、それを使って消去証明書を発行できます。


■製品仕様
・破壊対象  :2.5inch / 3.5inchハードディスク
・破壊時間  :2.5inchハードディスク / 50Hz 約36秒
        3.5inchハードディスク / 60Hz 約30秒
・電源    :AC100V 50 / 60Hz
・外形寸法  :220(W)×400(H)×435(D)mm
・質量    :約41kg
・保証動作環境:気温:5℃~40℃ / 湿度:80%まで(結露なき事)
・付属品   :取扱説明書、2.5inchハードディスク用治具
        ソフトウェア用CD

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング