2013年8月7日、「自分史の日」に江戸東京博物館にて「自分史フェスティバル2013」開催

@Press / 2013年7月26日 9時30分

「自分史で日本を元気に!」をビジョンとしている一般社団法人自分史活用推進協議会(本部:東京都品川区、代表理事:前田 義寛)は、2013年8月7日(水)の「自分史の日」に両国の江戸東京博物館で「自分史フェスティバル2013」を開催いたします。

http://www.jibun-shi-festival.net/information.html


夏休みの自由研究が2時間で仕上がる「僕の!私の!生まれた日」ノートづくり講座、福島県浪江町の有志メンバーによる「『3.11の真実』 浪江町 街と人の記憶~そして未来への思い~」特別講演と展示、戦争体験を子供や孫たちに伝える「自分史書いた人、作った人大集合」の他、ゲストによる講演や展示プログラムなどが、ホールをはじめ3つの会場で終日に渡り開催されます。

ここまで大規模な自分史のイベントは日本で初めての試み。当日は2,000名の動員を目指しており、先着1,000名の方に、8月7日の自分史の日にちなんで、花の種<話(8・7)のたね>をプレゼントします(協力:タキイ種苗株式会社)。

また当日会場でアンケートに答えてくれた方にはもれなく、和田 誠さんのイラスト入りの自分史フェスティバル2013特別ハガキ「『元気です』~大切な人に手紙を書こう~」をプレゼントします。

「自分史フェスティバル2013」の高橋 厚人実行委員長は「自分史は“人と人を結ぶコミュニケーションメディア”。とかく自分史と聞くと“お年寄りがひっそり書いた本”や“ひとりよがりなもの”と思われがちですが、ここに来れば、あなたのイメージは大きく変わります!」とコメントしています。


<「自分史フェスティバル2013」概要>
日時:2013年8月7日(水) 10:00~18:00
会場:江戸東京博物館(JR両国駅前) 〒130-0015 東京都墨田区横網1-4-1
入場無料 (* 一部参加費、資料費がかかるプログラムがあります。)

■ホールプログラム
・基調講演「自分史が、日本と世界を変える!」
 久恒 啓一(多摩大学経営情報学部長・(特非)知研理事長)
・映像&トーク「市民ビデオが発信する『私』」
 小林 はくどう(ビデオ作家・市民がつくるTVF代表)
・パネルディスカッション「自分史の可能性を探る ― 新自分史新時代へ」
橘川 幸夫(メディア・プロデューサー)
常見 陽平(人材コンサルタント/著述家)
久米 信行(久米繊維工業 会長 明治大学商学部 講師)
星野 真澄(NHK 文化・福祉番組部 チーフ・プロデューサー)
・トーク「自分史書いた人、作った人大集合」
・スピーチ「勝海舟とファミリーヒストリー」高山みな子(勝海舟玄孫)
・特別講演「『3.11の真実』 浪江町 街と人の記憶~そして未来への思い~」
 阿久津 雅信(浪江焼麺太国副代表・元浪江町商工会青年部長)
・特別講演「『自分未来史~教育現場から見た自分史~』
 代田 昭久(前杉並区立和田中学校長)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング