『パリ・オペラ座へようこそ ライブビューイング2012~2013』第6作・オペラ「ヘンゼルとグレーテル」 8月2日(金)よりTOHOシネマズ みゆき座ほか全国順次公開!

@Press / 2013年7月26日 11時0分

ヘンゼルとグレーテル
ブロードメディア株式会社の子会社ブロードメディア・スタジオ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:橋本 太郎)は、『パリ・オペラ座へようこそ ライブビューイング2012~2013』第6作目として、オペラ「ヘンゼルとグレーテル」を8月2日(金)よりTOHOシネマズ みゆき座ほか全国順次公開いたします。

『パリ・オペラ座へようこそ ライブビューイング2012~2013』
http://www.opera-yokoso.com/

<画像>
可愛らしさと壮大さを同時に味わえる、視覚的にも大満足の見逃せない1作
http://www.atpress.ne.jp/releases/37443/1_1.jpg
(C) monika rittershau


本作は、グリム童話を基にしたメルヘン・オペラで、世界中から愛され、特にクリスマスの時期に上演されている家族向きオペラの定番です。
どこか憎めない森の魔女や、お菓子の家の出現など、目を見張る演出だけではなく、ドイツ民謡を用いた軽快なメロディ、眠りの精の美しいアリア、天使が舞い降りてくる夜の場面など、ファンタジックな世界が広がります。

作曲者はワーグナーの弟子であり複数の童謡オペラを作曲したエンゲルベルト・フンパーディンク。おとぎ話の世界でありながら、大オーケストラによる交響的な音楽もしっかりと堪能することができます。キャストも子供らしさを見事に演じた2人をはじめ、ドイツのソプラノ歌手であり、一線を退いていたアニヤ・シリヤが魔女役で出演していることも話題となっています。豪華なガルニエ宮での新演出です。


第6作[オペラ]ヘンゼルとグレーテル
■パリ・オペラ座での上演日:2013年4月22日(ガルニエ宮)
■上映時間        :2時間15分
■作曲          :エンゲルベルト・フンパーディンク
■指揮          :クラウス・ペーター・フロール
■演出          :マリアム・クレマン
■キャスト        :ヨッヘン・シュメッケンベッヒャー/
              イルムガルト・ヴィルスマイヤー/
              ダニエラ・シンドラム/
              アンヌ=カトリーヌ・ジレ/アニヤ・シリヤ

■上映スケジュール(予定)
8月2日(金)~8月15日(木)
TOHOシネマズ みゆき座/大阪ステーションシティシネマ

8月下旬予定
Bunkamura ル・シネマ

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング