逆転の就活、内定力獲得!GLEPアカデミー 開校 あなたも驚くような「内定」社会人になれる!

@Press / 2013年8月26日 11時30分

鷲北塾長・授業光景
 一般財団法人日本学力検定協会(埼玉県さいたま市、理事長:塩野 時雄)は、“1,500語で話せるビジネス英語”の普及を進めている、日本グロービッシュ研究所(東京都新宿区、所長:橋本 大二郎)と提携し、新卒、第二新卒等の20代青年男女を主な対象とする、就活スクール<GLEPアカデミー>を10月2日より開校します。


■開校の背景
 当協会は、フランス・グロービッシュ本部から日本で唯一認定されている「日本グロービッシュ研究所」とグローバル人材育成指導方針が合致したことにより、GLEPスクール開校に至りました。
 英語、数学等の基本的な学力、国際人マナー等に実践的な英会話能力を加えたグローバル人材のトレ―ニング機関が誕生しました。


■GLEP指導方針
《思考力鍛錬・グロービッシュ英語》
 今、「就職予備校」が世の脚光を浴びています。面接などの表面的なテクニックを教え込み、ひたすら「内定」獲得に走るマニュアル塾が多いように思われます。
 「How are you ?」に対し、腹が痛くても「I'm fine thank you .」としか答えられないような人物を社会人(就職)として送り出してはいけません。
 当スクールでは、GLEP検定合格を目指したカリキュラムを組んでいます。当該検定が、社会人育成に最適な試験内容だからです。すなわち古典数学「塵劫記」をベースとした数学的論理的思考能力、グローバル人材に不可欠な英語感性、日本語記述力等「一石三鳥」を重視しているのです。これら3拍子揃った「グローバル人材」が企業から圧倒的に求められています。
 社会人として活躍するためには、論理的能力が欠かせません。数学によって、論理脳と言われる「左脳」を鍛えます。じっくりと出題意図を考えさせ、思考力を高めていきます。
 「グロービッシュ」の目的は、ネィティブ以外の世界中の人々が日常会話として、英語を活用できるようにすることです。要点を整理すると次のようになります。

・できる限り単純な文章を作る。長い文章は単文に再構築する。
・英語を文法的に難しくしている関係代名詞などをなるべく使わない。
・時制もできるだけ単純化する。
・イディオムも使わない。
・ボキャブラリーは英語の中で最も使用頻度の高い1,500語に限定する。


《英語村》 英会話スタッフ派遣・社内講師育成
<英語村>は、4名のグロービッシュ英会話をマスターしたメンバーを学校や会社に送り込み、自然な「英会話空間」を作り、フリーな英会話を楽しむレッスン形式ではないレッスンをします。当初は、英会話の題材を提供し、会話ネタを誘導します。或いは、受講側からの題材提示もOKとし、英会話に親しんでいきます。英語村を通じて、自社の英会話講師を育成し、自社で英語村が成立するようにトレーニングしていきます。

@Press

トピックスRSS

ランキング