1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

韓国で大ブームを巻き起こしている「トロット」オーディションが日本初上陸!優勝者には1,000万円!日韓共同で新たな歌姫を発掘する新オーディション「トロット・ガールズ・ジャパン」 WOWOWとABEMAで12月1日初回放送が決定!

@Press / 2023年11月10日 4時0分

「トロット・ガールズ・ジャパン」ロゴ
新たな歌姫の誕生が期待される注目の新オーディション・プロジェクト『トロット・ガールズ・ジャパン』がWOWOWとABEMAの全話無料同時放送で、12月1日18時よりスタートすることがわかった。尚オーディション番組がテレビとネットで全話同時放送・配信されるのは国内初となる。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/375372/LL_img_375372_1.jpeg
「トロット・ガールズ・ジャパン」ロゴ

【『トロット・ガールズ・ジャパン』について】
「トロット」とは今韓国で絶大な人気を誇る音楽ジャンルで「韓国の演歌」とも言われ、日本から入ってきた演歌を独自に進化させ世代を超えて愛されている韓国特有の音楽ジャンル。日本風に言えば“懐メロ”のイメージに近く、韓国ではK-POPアイドルたちもトロットの名曲をカバーするほどポピュラーな音楽ジャンルでありK-POPと人気を二分している。

近年はトロットのオーディション番組が次々と放映されており、視聴率30%を叩き出すメガヒット番組もあるほど。それを手掛けた名物プロデューサーも製作陣に名を連ねる『トロット・ガールズ・ジャパン』を、WOWOWとABEMAが全話無料同時放送する。

アーティストたちのライブ中継や世界の音楽番組を放送してきたWOWOWと、数多くの人気オーディション番組を配信し反響を呼んできたABEMA。日本を代表する2社がオーディション番組としては国内初となるテレビ&ネットでの全話無料同時放送・配信を決めたのは、日本版トロットに大きな魅力と可能性を感じたからだろう。


【『トロット・ガールズ・ジャパン』への期待】
関係者のコメントからもその期待の大きさが伝わってくる。

「日韓共同という国際協業面、また新世代のアーティストが名曲を現代に歌い継ぐという普遍と未来とのクロスオーバーなど、日本の新たなエンターテインメントとして大きな可能性と将来性を感じています。プラットホームの立場でそれらを可能な限り最大化したいという思いで全話 無料放送・無料配信を決めました。同一のコンテンツをABEMAさんと全話同時並行で扱うというアウトプットの形もWOWOWとしては初めてとなります。互いのプラットホームの垣根を越えた相乗効果でこのプロジェクトの盛り上げが実現出来ればと思います」(株式会社WOWOW チーフプロデューサー 小林慶吾)

「“日本の名曲”と“若年層”の掛け合わせによって生まれるパフォーマンスは、懐かしさだけでなくこれまでに見たことのない新しいエンターテイメントの形として幅広い世代の方に楽しんでいただけるのではと今から期待を膨らませています。ABEMAでは、これまでにも数多くのオーディション番組を配信してまいりましたが、日本での新ジャンルとなる“トロット”の確立とともに次世代スターを輩出するという新たな試みを、WOWOWさんと共に盛り上げていければと思います」(株式会社AbemaTV プロデューサー 秋田のぞみ)

オーディションを通じて新たな才能を発掘するだけではなく、世代を超えて愛されてきた名曲たちに新たな息吹を吹き込み、いつまでも歌い継がれる未来を作ってほしい。令和の時代を生きる歌姫たちが、昭和・平成の名曲たちの未来を紡いでいくことも『トロット・ガールズ・ジャパン』では期待されているのだ。まさに、親子三世代で楽しめる国民的オーディションになる可能性を秘めていると言えるだろう。


【審査員・第二弾が決定!】
実際、新たに発表された審査員・第二弾の顔ぶれも、老若男女にその名が知られた著名人ばかり。キャスター・ジャーナリストの安藤優子、音楽プロデューサーの鎌田俊哉、お笑いコンビ・トレンディエンジェルの斎藤司、宝塚歌劇団宙組初代トップスターで歌手の姿月あさと、歌手・女優の南野陽子が審査員を務めることが新たに決まった。

さらにBIGBANGのメンバーとして一世を風靡した韓国人アーティストのD-LITEが特別審査員を務めることも正式決定。韓国で2023年下半期放送予定のサバイバル音楽番組『現役歌王』(MBN)でも審査員を務ことが決まっているD-LITEは「『現役歌王』にも審査員として参加しておりますが、日本の『トロット・ガールズ・ジャパン』参加者のレベルがすごく高いと聞きました。最後まで良い決勝になることを願っています」と、オーディション参加者たちにもエールを送っている。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/375372/LL_img_375372_2.jpg
D-LITE

すでにKARAのホ・ヨンジ、作編曲家の船山基紀、K-POP評論家の古家正亨、歌手の松崎しげる、韓国の音楽プロデューサー兼DJであるNight Tempoが審査員を務めることが明らかになっているが、今回発表された審査員たちの顔ぶれも様々なジャンルの第一線で活躍する著名人ばかりということもあって、多彩な才能たちが見出されることは間違いなし。日本版トロットの世界観が作られ広がっていく予感だ。


番組放送に先立ち、各種SNSでは既に大きな反響があるようだ。公式SNSコンテンツ『トロット部(ラブトロット部)』はフォロワーが急増中で、毎週金曜日に配信されるTikTokライブでは、中川紅葉&田崎さくら&東あさからMCを務める人気女性誌モデル3人が、オーディション情報やキュートなパフォーマンスを披露しながら、日本版トロットを盛り上げている。
※田崎さくらの「崎」は「立つ崎(たつさき)」が正式表記。

懐メロにムード歌謡、演歌にグループサウンズ、フォークにシティポップまで――。昭和と平成の時代に愛された名曲たちを歌って、令和を代表する新しい歌姫を決める『トロット・ガールズ・ジャパン』。

番組は12月1日から毎週金曜日18時より放送・配信され、優勝者が決まる決勝は2月23日(予定)!!衛星放送のWOWOWの無料放送に加え、動画配信サービス[ABEMA][WOWOWオンデマンド]で同時に無料配信される。


【オーディション概要】
■タイトル
「トロット・ガールズ・ジャパン」

■参加企業≪順不同≫
n.CH Entertainment(韓国)
n.CH Entertainment Group Japan(日本)
株式会社WOWOW
株式会社フジパシフィックミュージック
株式会社NEXTEP

■放送・配信
12月1日より毎週金曜日18時より
WOWOW&WOWOWオンデマンド、ABEMAにて無料放送・配信
ABEMA: https://abema.tv/channels/special-plus/slots/8fp1jGkr2s7Dbm

■制作著作
トロット・ガールズ・ジャパン製作委員会

■賞金
●優勝者 1,000万円(+追加賞金)

■プロデビュー&トップスターへのチャンス
優勝者、準優勝者はもちろん、決勝進出者以外でも、参加者の中で、アーティストとして、あるいはタレントとしての才能や能力を見出された方は、ご本人が希望すれば、製作委員会および製作委員会参加企業、または協力・協賛企業、関連企業のマネージメントとサポートにより、アマチュアの方には、プロデビューへの道を準備するとともに、すでにプロの方にも、トップスターを目指して、新たなステップへの支援を行う。

■URL
公式サイト : https://trot-japan.com
TikTokアカウント : https://www.tiktok.com/@trotgirlsjapan?_t=8dbsuLkob7C&_r=1
X(旧 Twitter) : https://twitter.com/TROTGIRLSJAPAN
Instagramアカウント: https://instagram.com/trotgirlsjapan?igshid=NTc4MTIwNjQ2YQ==
YouTubeアカウント : https://youtube.com/@trotgirlsjapan


【『トロット・ガールズ・ジャパン』審査員プロフィール】
<安藤優子(あんどう・ゆうこ)>
1958年11月19日生まれ。千葉県出身。キャスター・ジャーナリスト。上智大学外国語学部比較文化学科(現:国際教養 学部)を卒業。2019年には上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科グローバル社会学博士号を取得。上智大学在学中より報道番組のキャスターやリポーターとして活躍。1987年にはテレビ朝日系『ニュースステーション』のフィリピン報道で、ギャラクシー賞個人奨励賞を受賞。その後はニュース番組や報道番組のメインキャスターとして長く活躍。フジテレビ系列の『スーパータイム』『ニュースJAPAN』『スーパーニュース』『スーパータイム』『直撃LIVE グッディ!』など。現在は椙山女学園大学国際コミュニケーション学部客員教授の顔も持つ。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/375372/LL_img_375372_3.jpg
安藤優子

<鎌田俊哉(かまた・としや)>
東京都出身。作詞・作曲・編曲も手掛ける音楽プロデューサーであり、ギタリスト。近藤真彦、少年隊、SMAP、嵐などのヒット曲の制作に多数携わり、Kiroro、MISIAなど多くのアーティストたちもプロデュース。2010年からは中国の男性アイドルグループのプロデュースや女性シンガーのアルバム制作にも参加。2014年からは中国を含めアジア地域の映画・ドラマ・ゲーム音楽の制作にも取り組むなど、意欲的に活動している。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/375372/LL_img_375372_4.jpg
鎌田俊哉

<斎藤司(さいとう・つかさ)>
1979年2月15日生まれ。神奈川県出身。お笑いタレント。NSC(吉本総合芸能学院)の同期生(東京・10期)で現相方のたかしと、2005年に「トレンディエンジェル」を結成。2014年に『THE MANZAI』で準優勝、翌2015年の『M-1グランプリ2015』では敗者復活枠からの優勝を果たして一躍、人気者に。現在もテレビ、ラジオなどはもちろん、映画や雑誌、舞台でも活躍中。2017年にはファッション誌『Ray』の専属モデルになり、2019年には帝国劇場で上演された『レ・ミゼラブル』のオーディションを通過してミュージカルにも進出。活躍の場を着実に広げている。
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/375372/LL_img_375372_5.jpg
斎藤司

<姿月あさと(しづき・あさと)>
1970年3月14日、大阪府出身。宝塚歌劇団の宙組の初代トップスターに抜擢され、数々の名作で主演を務めたあと、2000年に退団。その後はソロ・ヴォーカリストとしてコンサートやミュージカルなどを中心に活躍。2010年には秋元康氏プロデュースの舞台『Actress』、2012年と2014年にはミュージカル『CHICAGO』に出演して大好評を博す。毎年好評を博している”大人の遊び場”がコンセプトの「THE PRAYER」や”昭和の歌謡曲”がコンセプトの『昭和歌謡祭』、映画音楽やミュージカルソング等を中心とした『ソロコンサート』のセルフプロデュース公演の他、タンゴやシャンソンの公演にもゲスト出演するなど、精力的に活動中。
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/375372/LL_img_375372_6.jpg
姿月あさと

<南野陽子(みなみの・ようこ)>
1967年6月23日生まれ。兵庫県出身。1985年にデビュー。『時をかける少女』『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』などのドラマに主演し、『楽園のDoor』『吐息でネット』ほかシングル8曲連続オリコン1位を記録するなど、80年代を代表するトップアイドルとして活躍。女優としても『寒椿』『私を抱いてそしてキスして』で日本アカデミー賞優秀主演女優賞に輝くなど、受賞歴多数。ドラマや舞台などの出演作品数は300作を超える。その一方で、2022年からは京都府舞鶴市で米作りをはじめ、2023年には日本カンボジア友好関係70周年親善大使にも任命されている。
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/375372/LL_img_375372_7.jpg
南野陽子

<D-LITE(でぃー・らいと)>
1989年4月26日生まれ。韓国・ソウル市出身。2006年人気K-POPグループ「BIGBANG」のメンバーとしてデビューし、ボーカルを担当。D-LITEという名は楽しませるなどの意味の英語delightから。いつも明るいという意味も込められている。2013年に日本ソロデビュー。2014年のアルバム『でぃらいと』では『ナルバキスン』や『テバギヤ』などトロット調の楽曲も披露し、日本でも話題になった。音域の広さを活かしたソウルフルなボーカルワークで聴く人の心を魅了し続ける。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

D-LITE安藤優子鎌田俊哉

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください