1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

北欧文化をコンセプトにした群馬県高崎市のインテリアショップ「Lycka(リッカ)」が11/15(水)~12/25(月)に書籍も含めた「クリスマスフェア」を開催!

@Press / 2023年11月17日 11時0分

インテリアショップ「Lycka(リッカ)」(1)
北欧インテリア商品の輸入販売などを手掛ける株式会社アルトスター(本社:群馬県高崎市、代表取締役社長:芳子ビューエル)が運営するインテリアショップ「Lycka」は、2023年11月15日(水)から12月25日(月)まで、「クリスマスフェア」を開催しています。

公式ホームページ: https://shop.alto-star.com/

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/375706/LL_img_375706_1.jpeg
インテリアショップ「Lycka(リッカ)」(1)
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/375706/LL_img_375706_2.jpeg
インテリアショップ「Lycka(リッカ)」(2)

「Lycka(リッカ)」は、北欧デンマークのライフスタイル概念を象徴する「ヒュッゲ(Hygge)」をコンセプトにした店舗です。ヒュッゲとは、日本語にすると「居心地のよさ」。幸福を感じる場所や時間には、楽しい会話や心地いい雰囲気があります。それこそがヒュッゲです。
お金を使わずに豊かなライフスタイルを楽しめるのも、ヒュッゲの魅力。これからの寒い季節に、本場北欧のクリスマス気分を味わいながら、お家にヒュッゲを取り入れることで“おこもり時間”をさらにお楽しみいただけます。
今回はその中から、特におすすめの3アイテムをご紹介します。


■ヒュッゲやクリスマスにまつわる本
デンマークではそろそろ、読み聞かせが始まる時期です。寒く長い冬に向けて、家族や友達と一緒に、大人も子供も混ざって、温かい室内で読み聞かせをします。今回のクリスマスフェアでは、軽井沢の『エホンゴホン堂』さんにセレクションをお願いし、近隣の書店ではなかなか手に入らないような本で、ヒュッゲのコンセプトに合うものや、クリスマス・ホリデーシーズンに適しているテーマのものを集めています。


■北欧の妖精「トムテ」
北欧のクリスマスには欠かせないと言われる「トムテ」。北欧で古くから伝承されてきた小人の妖精で、目深に帽子をかぶり、丸いお鼻で、長いあごひげがあります。昔から「幸せを運んできてくれる小人」として親しまれていて、彼らがいるお家は幸福になるとされているそう。
また「サンタクロースのお手伝いをしている」と言われ、クリスマスが近づくと、北欧ではこのトムテのお人形を家のあちこちに飾ります。ぜひトムテを飾って、クリスマスまでの時間をお楽しみください。
(税込1,364円~)

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/375706/LL_img_375706_3.jpg
北欧の妖精「トムテ」(1)
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/375706/LL_img_375706_4.jpg
北欧の妖精「トムテ」(2)

■ロウが垂れないキャンドル「Flatyz」
リトアニアのハンドメイド技術を使ったキャンドル“Flatyz(フラッツィ)”。
16×6×1cmというスマートフォンほどの大きさの平面に、1つ1つ特殊な技術で絵付けされるキャンドルは、部屋に気軽に飾れるアートとしても大好評。キャンドルを薄く平らな表面にする技術はヨーロッパで特許を取得しています。また火をつけてもロウが垂れてこない良質なキャンドルで、煙が出ないことも大きな特徴。今回のフェアでは、イベント展示に使用したものなどを特別価格にて販売いたします。
(税込1,650円~)

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/375706/LL_img_375706_5.jpg
ロウが垂れないキャンドル「Flatyz」(1)
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/375706/LL_img_375706_6.jpg
ロウが垂れないキャンドル「Flatyz」(2)

これからもインテリアショップLyckaは、心と生活を豊かにして毎日を心地よく過ごすヒントをご提案し続けて参ります。


■店舗概要
店舗名 : Lycka(リッカ)
所在地 : 群馬県高崎市筑縄町62-1
アクセス: 高崎駅から車で約15分
営業時間: 10時~18時(日曜定休)
駐車場 : あり
Lycka HP: https://shop.alto-star.com/


■株式会社アルトスター概要
商号 : 株式会社アルトスター
代表者 : 代表取締役社長 芳子ビューエル
所在地 : 〒370-0801 群馬県高崎市上並榎町257-7
創業 : 2006年
事業内容: 新素材を用いた商品開発、輸出入事業や通販事業のコンサルティング、店舗運営など
URL : https://www.alto-star.com/


◆代表者 芳子ビューエル(よしこ・びゅーえる)経歴
株式会社アルトスター・株式会社アイデン代表取締役、株式会社アペックス創業者。
ウェルビーイングアドバイザー、北欧流ワークライフデザイナー。

高校卒業後にカナダに留学、大学在学中にカナダ人男性と結婚し、母となり帰国。
1989年に創業し、長年代表を務めた輸入商社アペックスでは、世界的に有名なデンマークブランド「menu」他、北欧の大手メーカー7社の日本代理店として、多くの日本企業に北欧の商品を供給。2020年には株式会社アルトスターと合計で年商約40億円を達成。上場企業とのM&Aも成功させた。
現在は株式会社アルトスター・株式会社アイデンにて海外の新素材や商品を輸入し、多くの企業とSDGsを意識した共同開発も行っている。

一方で、1998年にJETROから派遣されて以来、北欧のライフスタイルにゆかりが深く、「北欧流ワークライフデザイナー」として「ヒュッゲ」をいち早く日本に紹介。テレビや雑誌などでも、ヒュッゲの第一人者として日本での取り入れ方を紹介しているほか、「幸せ」をテーマにした各種講演なども行う。
2022年より「ウェルビーイングアドバイザー」としての活動もスタートさせた。

著書に、『世界一幸せな国、北欧デンマークのシンプルで豊かな暮らし(大和書房)』『fika(フィーカ) 世界一幸せな北欧の休み方・働き方(キラジェンヌ)』ほか。

芳子ビューエル公式ブログ:「北欧からみた世界の引き出し。暮らしを、もっと楽しもう!」
https://ja-jp.facebook.com/yoshiko.buell.official/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

インテリアショップ「Lycka(リッカ)」(2)北欧の妖精「トムテ」(1)北欧の妖精「トムテ」(2)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください