1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

苦労人、堂本印象の青春時代。日本画家になる前の活動を紹介 企画展「若き日のロマン、大正時代の印象さん」(Insho-san in his youth and the time of Taisho Roman) 同時開催「第4回京都工芸美術作家展」(The 4th Kyoto Craft Artist Exhibition) 京都府立堂本印象美術館 12月9日(土)~2024年2月25日(日)開催

@Press / 2023年12月1日 10時0分

チラシ 若き日のロマン、大正時代の印象さん
京都府立堂本印象美術館(所在地:京都府京都市北区 https://insho-domoto.com/ )は、企画展「若き日のロマン、大正時代の印象さん」、同時開催「第4回京都工芸美術作家展」を、会期:2023年12月9日(土)~2024年2月25日(日)にて開催いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/376077/LL_img_376077_1.jpg
チラシ 若き日のロマン、大正時代の印象さん
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/376077/LL_img_376077_2.jpg
チラシ 第4回京都工芸美術作家展

会期 : 2023年12月9日(土)~2024年2月25日(日)
開館時間: 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日 : 月曜日(祝休日の場合は翌平日休館)及び年末年始(12月28日~1月4日)
予定を変更する場合がございます。
ご来館前に当館ホームページなどで最新情報をご確認ください。
https://insho-domoto.com/exhibitions/1788/
入場料金: 一般510(400)円、高大生400(320)円、小中生200(160)円
※( )は20名以上の団体料金
※65歳以上の方(要公的証明書)および
障害者手帳をご提示の方(介護者1名含む)は無料
主催 : 京都府、京都府立堂本印象美術館
(指定管理者:公益財団法人京都文化財団)、京都新聞
助成 : 一般財団法人地域創造


■展覧会概要
堂本印象(1891-1975)は、苦労人の画家でした。江戸時代より続く京都の造り酒屋の三男として生まれましたが、京都市立美術工芸学校在学中に家業が傾き、ほどなく父が病で倒れました。そのため、卒業後は、日本画家を養成する上級学校の京都市立絵画専門学校(絵専)への進学を断念し、親と6人の弟妹たちを養うため、龍村平蔵の龍村製織所の図案家となり懸命に働きました。画家への夢をあきらめきれない印象は、仕事の傍ら、欠かすことなく写生に出かけ、絵を描き続けました。大正7年(1918)、龍村平蔵より支援を受け、絵専に入学し、ようやく画家への道を歩み始めます。本展では、画家になる前の若き日の印象が描いた女性像を中心に、大正ロマン漂う世界を紹介します。
多感な青年の印象に大きな刺激を与えた大阪、京都の女性たちや街並みをこの機会にお楽しみください。


■みどころ
(1) 「立志伝中の人」と呼ばれた堂本印象、絵描きになる前の多彩な活動を紹介
(「立志伝中の人」とは、苦労を重ねて画家になる志を遂げ、成功した印象のことを画家で友人の板倉星光が評しました)

●昼は帯の図案家として活躍

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/376077/LL_img_376077_3.jpg
堂本印象図案「唐花文金唐革錦」1907年 龍村美術織物蔵

(金唐革の趣を織物で表現したもので、16歳の時の図案)

●夜は木彫人形の内職

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/376077/LL_img_376077_4.jpg
堂本印象「羽衣」1914年 京都府立堂本印象美術館蔵

(京舞の名手松本佐多をモデルに制作したもの)

図案家の給料は親弟妹に
自分の生活費は木彫人形の内職で
木彫人形は人気を博し、100体以上制作したらしい

●個展や出版活動も意欲的に行う

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/376077/LL_img_376077_5.jpg
堂本印象「いの字絵本」1912年 京都府立堂本印象美術館蔵

(竹久夢二などの絵本ブームにのって、印象が手掛けた絵入り和歌・詩集)

(2) 印象の大阪時代はまさに青春だった
●人情豊かな大阪の街並み
●花街の艶やかな女性

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/376077/LL_img_376077_6.jpg
堂本印象「浪速港涯絵巻」1912年 京都府立堂本印象美術館蔵
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/376077/LL_img_376077_7.jpg
堂本印象「九軒の女」1912年 京都府立堂本印象美術館蔵

(3) 初公開多数!
展示会場でお楽しみに!

画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/376077/LL_img_376077_8.jpg
堂本印象「クラスメート」1913年 京都府立堂本印象美術館蔵

■出品作品

画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/376077/LL_img_376077_9.jpg
堂本印象「丘上の女達」1912年 京都府立堂本印象美術館蔵
画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/376077/LL_img_376077_10.jpg
堂本印象「おばけ(花街の節分会)」大正初期 個人蔵
画像11: https://www.atpress.ne.jp/releases/376077/LL_img_376077_11.jpg
堂本印象「島原太夫の絵巻」(部分)1920年 京都府立堂本印象美術館蔵

■イベント
<関連イベント>
●講演会(要申込)
講師 : 橋爪 節也氏(大阪大学名誉教授)
「“心中の都、美しい心中の都”
『いの字絵本 恋の都大阪の巻』と堂本印象の青春」
日時 : 2024年1月19日(金)11:00~12:30
会場 : 京都新聞文化ホール
(京都府京都市中京区烏丸通夷川上ル 京都新聞社7階)
料金 : 1,000円(展覧会入場券1枚付)
問い合わせ: 京都新聞COM事業推進局開発 推進部(TEL:075-255-9757)
詳細は当館のホームページでお知らせします。
https://insho-domoto.com/exhibitions/1788/

●スペシャルギャラリートーク(参加費・申込不要、要入場券)
日時:2024年1月27日(土)14:00~
場所:2階展示室
龍村 育氏(龍村美術織物 代表取締役社長)と担当学芸員が一緒に行います。

●ギャラリートーク(参加費・申込不要、要入場券)
日時:2024年1月20日(土)14:00~
2024年2月10日(土)14:00~
場所:2階展示室

<同時開催>
●第4回京都工芸美術作家展
2023年12月9日(土)~2024年2月25日(日)

場所 :京都府立堂本印象美術館 新館
出品者:伊藤 裕司(漆芸)、今井 政之(陶芸)、中井 貞次(染織)、羽田 登(染織)、
村山 明(木工)、森野 泰明(陶芸)
主催 :京都府、京都工芸美術作家協会、
京都府立堂本印象美術館(指定管理者:公益財団法人京都文化財団)
助成 :一般財団法人地域創造


■野外イベント
●第5回野外いけばな展 私の印象2024 -京都新世代いけばな展関連事業-
2024年2月9日(金)~2月12日(月・祝)
場所:美術館庭園
※9日午前は生け込みの様子をご覧いただけます。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

チラシ 第4回京都工芸美術作家展堂本印象図案「唐花文金唐革錦」1907年 龍村美術織物蔵堂本印象「羽衣」1914年 京都府立堂本印象美術館蔵

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください