「ふくしまから はじめよう。」 7月度のトピックス ~県内各部局が連携し、人々が参加・交流する情報発信プラットフォーム~

@Press / 2013年7月31日 13時0分

福耕支援隊の皆さん
 福島県庁 広報課(知事:佐藤 雄平)では、「ふくしまから はじめよう。」のスローガンの下で、県内外の人々が参加・交流する情報発信のプラットフォームとして、フェイスブックを中心に各部局が連携を図り一体感を持ってふくしまの「魅力」と「今」を国内外に発信しています。

「ふくしまから はじめよう。」フェイスブックページ
http://www.facebook.com/FutureFromFukushima


 「ふくしまから はじめよう」フェイスブックページでは、2012年6月18日の公開から現在に至るまで、職員の顔が見える発信を実践、県内外の方との交流を通じて、食や観光、旬の話題など、ふくしまの「魅力」と「今」を伝える活動に取り組んでいます。2013年7月30日現在の「いいね!」24,346。(都道府県庁公式フェイスブックではトップの「いいね!」数(キャラクターを除く)。)


・「ふくしまから はじめよう。」フェイスブックページ トピックス
■福島農業の復興を願う。全国各地からふくしまに福「耕」支援隊が集結。

 福耕(ふっこう)支援隊とは、主に福島県沿岸部の相双(そうそう)地方に、農地や農業用施設の復旧業務のため、全国の道県などから派遣された農業土木技術職員の皆さんの愛称です。
 今回は、沖縄県からの隊員、篠崎桂一さんを紹介します。
 現在、相双農林事務所農村整備部で海岸沿いにある排水ポンプ場の復旧に向けた設計や監督をしている篠崎さんは、「大震災から2年以上経過した現在でも、津波被災を受けた地域を見ると言葉にならない時がある。ただ、ポンプ場や海岸などの復旧は着実に進んでいると感じるので、こうした復旧・復興に貢献できることを誇りに思っているし、精一杯仕事をしたい。」と話してくれています。
 併せて、「相双地方には、ボリューム満点の食堂が多いことがとても印象深く、疲れたときには、農林事務所や福耕支援隊のメンバーと一緒に松川浦(相馬市)の大盛りの復興チャレンジグルメを満喫して、復興へのエネルギーを補給している。」と篠崎さん。
 ふくしまの復興は県民の力だけではなく、全国の皆さんのふくしまへの愛情と協力があってのものだと只々感謝するばかりです。

画像『福耕支援隊の皆さん』
相双農林事務所農村整備部の排水機場チーム。キビタンを持っているのが篠崎さん。


■キビタンとチームキビタン、読売巨人軍ジャビットファミリーと夢の競演。
 10日に福島市の県営あづま球場で行われたプロ野球・巨人-ヤクルト戦の試合開始前、読売巨人軍のマスコット、ジャビットファミリー(ジャビット、ビッキー、チームヴィーナス)と、キビタン、そしてチームキビタンが共演しました。ジャビットファミリーと一緒に巨人軍応援ダンス「ジャイアンツファイアー」を披露し会場を盛り上げました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング