1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

客船「飛鳥II」2024年上期商品 発表 ~全17コース 2023年12月13日(水)販売開始~

@Press / 2023年11月17日 14時0分

飛鳥II
郵船クルーズ株式会社(本社:横浜市、代表取締役社長:遠藤 弘之)は、同社が運航する客船「飛鳥II」(50,444トン)による、2024年7月15日から10月3日までに東京・横浜・神戸・金沢を出発する計17コースのスケジュールを発表いたします。花火・夏祭りに沸く日本各地を訪れるクルーズ、夏の北海道や行楽シーズンに日本をめぐるクルーズなど、日本を知り尽くした飛鳥クルーズだからこそご提案できるバラエティー豊かなラインアップとなります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/376184/LL_img_376184_1.jpg
飛鳥II

■夏の風物詩 夏祭りや花火を鑑賞
秋田竿燈まつり、青森ねぶた祭、阿波おどりなどの伝統的な夏祭りを訪れたり、熊野大花火をはじめとした迫力の花火鑑賞をお楽しみいただけるクルーズをご用意しました。船上でも盆踊りや縁日など夏ならではのイベントを開催するなど、日本の夏を思う存分ご満喫いただけます。一部クルーズでは、ハッピーファミリークルーズ(※1)として子ども代金(小学生以下のお子様が対象)を設定。ベビーシッタールームやキッズルームを開設するほか、客船の職業体験をはじめとしたお子様向けのイベントを開催しますので、ご家族で過ごす夏休みにもお勧めです。


■ベストシーズンの日本探訪
「夏の北海道クルーズ(7月27日発8日間 東京発横浜着)」では稚内・小樽・函館へ、「秋の日本一周クルーズ(10月3日発13日間 横浜発着)」では、秋色にうつりかわる北海道から九州までの6つの寄港地を訪れます。各寄港地での観光や、洋上でのんびりと過ごす終日航海日をお楽しみいただけます。アスカクラブ会員様(※2)向けの「アスカクラブ特別割引」や、おひとり様でもご参加いただきやすい代金設定の「おひとりE旅+Fキャンペーン」などお得にクルーズをお楽しみいただけるキャンペーンを取り揃えています。


■洋上で過ごす休日
連休を利用して気軽にご参加いただける2泊3日のクルーズをご用意しました。船上でハワイ気分をお楽しみいただける「HULA ON ASUKAII(9月14日発3日間 横浜発着)」や船内から伊豆諸島の美景をお楽しみいただける「連休利用 伊豆諸島周遊クルーズ(9月21日発3日間 横浜発着)」など、飛鳥IIならではの魅力をじっくりと堪能できるクルーズです。

今回発表の「飛鳥II 2024年上期商品」の販売開始は、2023年12月13日(水)を予定しています。
クルーズスケジュールの詳細は飛鳥クルーズホームページ( https://www.asukacruise.co.jp/ )をご参照ください。

※1 詳細は飛鳥クルーズホームページをご確認ください。
※2 アスカクラブはご乗船の有無にかかわらず、2歳以上であればどなたでもご入会いただけます。入会金・年会費無料。乗船中にご利用いただけるデジタル船上クーポン3,000円分をプレゼントする登録キャンペーンを2024年1月9日まで実施中。


■「飛鳥II」概要 https://www.asukacruise.co.jp/
「飛鳥II」は日本船籍最大の客船で、約100日間の世界一周クルーズ、アジア・オセアニア方面へのロングクルーズ、日本の夏祭りを巡るクルーズ等多岐にわたり展開。全室海側の客室、ゆったりとしたスペースや露天風呂など充実の設備、日本人乗船客の嗜好に合わせた多彩な食事やエンターテイメントが特徴。乗船客1人当たりのスペースや乗組員比率は、日本はもとより世界トップレベルで、世界のクルーズマーケットで愛される美しい船体に、和の心のおもてなしをのせて皆様をお迎えいたします。

船籍 :日本
船籍港(母港):横浜港
総トン数 :50,444トン
全長 :241m
乗客数 :872名
乗組員数 :約490名
客室数 :436室(全室海側)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください