1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

札幌「福住整形外科クリニック」冬の寒さにより肩こりを訴える患者が増加

@Press / 2023年11月22日 9時0分

肩こり
整形外科クリニックを展開する医療法人 福住整形外科クリニック(理事長:亀田 和利、所在地:北海道札幌市)では、冬の寒さにより肩こりを訴える患者が増加しています。
当院では冬の寒さが深刻化する中、冬になると毎年起こる地域住民の寒さによる肩こりの問題に注目しています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/376583/LL_img_376583_1.jpeg
肩こり


【冬の寒さにより肩こりや痛みが増加する原因と対策】
寒冷な気候は筋肉の緊張を引き起こし、特に肩や首のこりを悪化させることが知られています。その原因と対策については以下のものが挙げられます。

原因:
(1) 筋肉の緊張と収縮:
寒さに対して、体温を維持するために筋肉が反射的に緊張し、収縮します。
(2) 血行不良:
寒さは血管を収縮し血流を低下させ、筋肉に十分な酸素や栄養が届かず、疲労物質が蓄積しやすくなります。
(3) 姿勢の変化:
寒い時、人は無意識に肩をすくめるなどの姿勢をとることが多いです。このような姿勢は筋肉に余計な負担をかけ、肩こりを悪化させる可能性があります。
(4) ストレスと緊張:
寒さは体だけでなく、心理的なストレスも引き起こすことがあります。ストレスや不安は筋肉の緊張を高め、肩こりの原因となります。
(5) 活動量の減少:
冬季は屋外での活動が減り、運動不足に陥りやすいです。運動不足は筋肉の柔軟性を低下させ、肩こりを引き起こす要因となります。

対策:
(1) 温める:
暖房器具やカイロなどを使用して、肩や首周りお腹を温める。
(2) ストレッチと運動:
定期的なストレッチや軽い運動で筋肉の柔軟性や循環を保つ。
(3) 正しい姿勢を心がける:
長時間同じ姿勢を避け、定期的に体勢を変える。
(4) ストレス管理:
リラクゼーションや趣味など心理的なストレスを軽減する。
(5) 適切な衣服:
保温性の高い衣服を着用し、特に首肩周りの冷えや体温の低下を防ぐ


【冬の寒さと肩こりの増加に対する当院の取り組み】
福住整形外科クリニックでも、冬季には肩こりを訴える患者が平均して30%ほど増加しております。当院では毎年の冬の寒さによって起こる肩こりに対して、リハビリなどの治療プログラムの中で運動方法や対策を伝えることで、寒冷による筋肉の緊張を和らげ、肩こりの軽減を目指しています。患者からは、「寒い季節でも肩の痛みが軽減された」という声や、「日常生活が快適になった」との声が寄せられています。

福住整形外科クリニック - 診療案内 肩の痛み
https://fukuzumiseikei.com/rehabilitation/shoulder/


【福住整形外科クリニックの詳細】
整形外科は運動器官を構成するすべての組織を対象とする診療科です。骨、軟骨、筋肉、靭帯、神経などの疾患や外傷を対象とします。新生児、小児、学童から成人、高齢者まで全ての年齢層が対象になり、治療には薬物療法、理学療法、運動療法、ブロック注射等の保存療法、手術療法、日常生活指導など様々な治療の選択肢があります。その中から医師、医療スタッフと患者様との共同作業の上で医療の根幹を支えるインフォームド・コンセントの重要性を認識し、最良の治療方法を選択し治療を行っています。
訪れたときに「ほっ」と安心できる医療を提供できるような「かかりつけ医」を目指し、一日約150人の患者さんが来院しています。


【法人概要】
名称 : 医療法人 福住整形外科クリニック
所在地: 〒062-0042 札幌市豊平区福住2条1丁目2-5
イトーヨーカドー福住店 福住メディカル6F
URL : https://fukuzumiseikei.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

冬の寒さ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください