経営管理システムに特化したワンストップパートナー、「フュージョンズ」営業開始

@Press / 2013年8月2日 16時0分

経営管理システム領域に特化したワンストップパートナーを目指して、株式会社フュージョンズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:村瀬 司)が、本日(8月2日)より本格的に営業を開始しました。

株式会社フュージョンズURL: http://www.fusions.co.jp


■経営管理システム領域の特性
ERPなどが対象とする取引処理領域のシステムは、いったん構築されれば比較的長期間にわたって大きな変更なく安定して使用可能です。これに対して、予算管理や月次経営報告といった経営管理の領域では、システムは非常に速い要件変化に対応出来なければなりません。経営管理のための仕組みは、年ごとに、あるいはもっと短いサイクルで、事業の成長と外部環境の変化に追随していくことが期待されます。また、他社で確立された業務パターンの適用が比較的容易である取引処理と異なり、経営管理の仕組みは各社独自の事業構造や個性を反映したものであるべきです。

従来型の企業システム構築アプローチは、こうした特性を持つ経営管理領域の要請に十分に応えておりません。

●「経営管理のしくみづくり」には、経営制度の立案、システムの構築、運用に伴う改善といった様々な仕事が必要です。従来型のアプローチでは、こうした仕事が「フェーズ」として切り離され、それぞれを別の主体が担うため、コミュニケーションロスが大きく、スピードの速い変化にタイムリーに対応できません。

●情報システムの実現手段の面でも、パッケージソフトでは各企業の個別の要請に応えることが難しく、一方、独自開発では構築に時間が掛り過ぎるとともに、構築後の要件変更への対応にも問題が生じがちです。


■フュージョンズのアプローチ:3つのフュージョン
経営管理のしくみづくりにまつわる、以上のような問題を認識しそれに対処したいと考える各企業に対し、フュージョンズは、「3つのフュージョン(fusion:融合)」を通じて、的確な支援をご提供して参ります。


fusion 1.サービスの融合   :フュージョンズは、特定のフェーズや仕事の種類ではなく、経営管理という業務領域にフォーカスし、クラウド運用、ソフトウェア、コンサルティングなどを含む複合的なサービスを提供します。これにより、深い業務理解に立ったワンストップサービスを提供可能です。

fusion 2.ソリューションの融合:フュージョンズのビジネスモデルには、独自開発の経営管理システムプラットフォーム(後述)に、現場で得た知見を融合させるフィードバックシステムが組み込まれています。このフィードバックを通じてフュージョンズのソリューションは不断に進化を続けます。

fusion 3.スキルセットの融合 :組織としてワンストップサービスを提供することに加えて、フュージョンズでは、プロフェッショナル各人が、特定の役割に閉じた専門家ではなく、経営管理システム構築に関する広い分野のスキルをカバーしています。強い専門分野を持ちつつ他の分野のスキルも備えたクロスファンクショナルなプロフェッショナルが顧客企業を支援します。


■フュージョンズのプラットフォーム:fusion_place、fusion_ware、fusion_easy
フュージョンズは、メンバーの経験と知見を凝集したクラウド型プラットフォームサービス「fusion_place」、及び、その中核となる経営管理向け基盤ソフトウェア「fusion_ware」をご提供します。「fusion_place / fusion_ware」は、高い柔軟性によって、前述したパッケージソフトの欠点を克服するとともに、構築後の要件変更をサポートする豊かな機能性を提供します。
加えて、経営管理領域に含まれる個々の業務分野向けのテンプレートである「fusion_easy」を、「fusion_place / fusion_ware」上に実装し、今後、順次、提供して参ります。「fusion_easy」の活用により、さらに短期間・低コストでのシステム構築が可能となります。


■フュージョンズについて [ http://www.fusions.co.jp ]
株式会社フュージョンズは、大手コンサルティング会社において会計 / 経営管理システム分野で長く活動してきた創業メンバーによって設立され、「fusion_place」を中核とするプラットフォームソリューションの開発を進めるとともに、経営管理の仕組みづくりと仕組みの運用のための各種サービスを顧客企業に提供しています。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング