動き回る赤ちゃんの足まわりのスキマを防ぐ「ふんわりぴたりギャザー」搭載『ムーニーマン エアフィット(R)』 パンツタイプ改良発売 2013年8月下旬より全国にて発売

@Press / 2013年8月8日 11時0分

ムーニーマン エアフィット(R) 女の子Lサイズ44枚
ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原 豪久)は、ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社の商品ライセンス部門であるコンシューマ・プロダクツとの商品ライセンス契約により、ベビー用紙おむつ「ムーニー」より、足まわりにスキマを作らず、やさしくぴったりフィットするギャザーを新たに採用し、パンツ型紙おむつ『ムーニーマン エアフィット(R)』を、2013年8月下旬より順次全国にて発売いたします。


『ムーニーマン エアフィット(R)』
女の子Lサイズ
http://www.atpress.ne.jp/releases/37704/1_1.jpg
男の子Lサイズ
http://www.atpress.ne.jp/releases/37704/2_2.jpg


(c)DISNEY. Based on the “Winnie the Pooh” works by A.A. Milne and E.H. Shepard.

※内容・デザインは一部変更になる場合があります。


■発売の背景
近年、ママたちは赤ちゃんに使用する紙おむつは、モレずに肌に優しいものを使用したいという要望があります。当社では過去10年間肌にやさしい素材改良を行ったことで、肌に対する満足度は年々向上してきました。一方、紙おむつのモレ原因の約81%※1がスキマからのモレであることが新たにわかりました。とりわけよく動き回るパンツタイプの使用時期においては、足まわりからのモレが約67%発生していました。
そこでこの度、足まわりにスキマを作らず、やさしくぴったりフィットする「ふんわりぴたりギャザー」を採用した『ムーニーマン エアフィット(R)』を2013年8月下旬より順次発売いたします。

ムーニーブランドは、1981年の発売以降、業界で初めて「立体ギャザー」や「パンツ型」紙おむつなどママ達の目線に立って商品を発売してきました。今後も赤ちゃんやママに役立つ新しい紙おむつを追求していきます。

モレの原因
http://www.atpress.ne.jp/releases/37704/3_3.jpg

モレの発生部位(複数回答)
http://www.atpress.ne.jp/releases/37704/4_4.jpg

データは全てユニ・チャーム調べ


■商品の特長
特許技術「ふんわりぴたりギャザー」搭載で、足まわりのスキマをなくしモレ安心!
(1) ギャザーが外に張り出す構造により従来のギャザーと比べてフィットする面積が約2倍※2になった「ふんわりぴたりギャザー」を採用することで、モレの原因となるスキマを低減し、モレやすい足まわりのスキマにぴったりフィットする新形状を実現しました。
さらに、接触面積を約2倍※2にすることで、足にかかる圧力を減らし、足まわりが大きめのお子さんでは肌にかかる圧力を26%※3低減いたしました。様々な体型の赤ちゃんにやさしくフィットして、しめつけを軽減する新形状となっております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング