シニア向けライフサポートサービスの追加メニューの提供開始、及び緊急・相談通報サービスのお試しモニター募集について

@Press / 2013年8月9日 12時0分

 株式会社エヌ・ティ・ティ マーケティング アクト(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:村井 守、以下、「NTTマーケティングアクト」)と西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:村尾 和俊、以下、「NTT西日本」)は、平成25年2月より熊本県で実施した「“スマートひかりタウン熊本”における高齢者向け健康づくり、見守り・生活支援トライアル」※1の結果を受けて、シニア向けライフサポートサービス※2の見守り・生活支援サービスのメニュー追加を行います。
 また、サービス提供開始後のお客様からの要望を受け、立山科学工業株式会社(本社:富山県富山市、代表取締役社長:水口 昭一郎)のグループ会社である株式会社立山システム研究所(本社:富山県富山市、代表取締役社長:水口 勝史、以下、「立山システム研究所」)とのアライアンスにより、新たに緊急・相談通報サービスを提供致します。合わせて緊急・相談通報サービスについてはお試しモニターを募集します。

※1 出典:「平成25年2月12日プレスリリース“スマートひかりタウン熊本”
      における高齢者向け健康づくり、見守り・生活支援トライアルの
      共同実施について」
      http://www.ntt-west.co.jp/news/1302/130212a.html
※2 シニア向けライフサポートサービス
   NTTマーケティングアクトは、傾聴のプロによる電話を用いた
   「お話し・相談」や「見守り」、日々のお困りごとを解決する
   「サービスの紹介・取次」など、高齢者向けサポートサービスを
   平成24年10月10日より提供してまいりました。
   シニア向けライフサポートサービスの内容については、
   下記ニュースリリースを参照願います。
   http://www.ntt-west.co.jp/news/1210/121009a.html


1.背景
 現在、我が国の65歳以上の高齢者人口は過去最大の3,079万人となり、5人に1人が高齢者という社会に突入し、2060年には国民の2.5人に1人が65歳以上の高齢者になると推計※3されており、地方自治体にとって「医療」、「見守り・生活支援などの福祉サービス」等への対応は重要な課題となっています。
 これら課題への対応策を検討するにあたり、平成25年2月より、熊本県で「高齢者向け健康づくり、見守り・生活支援トライアル」を実施し、その結果、見守り・生活支援サービスについて、トライアルモニターの約9割から「利便性を感じる」、約6割から「自治体サービスとして今後の利用意向あり」という評価をいただきました。また、シニア向けライフサポートサービス提供開始後、主に自治体様から現在取組んでいる緊急通報事業に対応してほしいとの多くのご要望を賜りました。
 これらを踏まえて、今回新たにシニア向けライフサポートサービスの追加メニューとして、2つの見守り・生活支援サービス、及び緊急・相談通報サービスを提供開始することとなりました。

@Press

トピックスRSS

ランキング