ベトナム国内で初めての遠隔読影サービスを提供開始

@Press / 2013年8月6日 14時0分

遠隔読影説明
 株式会社キャピタルメディカ(所在地:東京都港区、代表取締役:古川 淳)は、この度、業務提携先のベトナムホーチミン市Hong Duc Hospital 3にベトナムで国内初となる遠隔読影サービスの提供を8月8日より開始します。

 この取組は、患者および病院にとって以下のようなメリットがあると考えております。
・技術の高い日本の読影をベトナムで受けることができる
・症例カンファレンスを実施することにより、ベトナム人医師の診断・読影技術を向上させることができる

 今後当社は、ベトナムにおける医療サービスレベルの向上を目指すとともに、インドネシアなどの医療機関などに対して同サービスの提供を検討していきます。


【遠隔読影サービスの概要】
 遠隔読影とは、医療機関で撮影されたCT・MRIなどの画像データを、外部の読影医(放射線科専門医)がシステムを通して画像を閲覧し、読影することをいいます。遠隔読影の実施は、外部の医師のダブルチェックによる異常個所の発見確率の向上、大量の画像データを処理できるというようなメリットがあります。
 今回、当社遠隔読影システムの導入によりHong Duc Hospital 3で撮影された画像を日本人医師が読影し、セカンドオピニオンとして活用していきます。


【Hong Duc Hospital 3の概要】
所在地:32/2 Thong Nhat, Ward 10, Go Vap District,
    Ho Chi Minh City, Vietnam
診療科:内科、外科、産婦人科、口腔外科、眼科、内分泌科、
    耳鼻咽喉科、小児科
病床 :250床(内 がん病棟:25床)


【Hong Duc Hospital Co., Ltdの概要】
所在地   : No. 32/2, Thong Nhat Street, Ward 10, Go Vap District,
        Ho Chi Minh City, Vietnam
事業内容  : 病院経営、看護学校経営
関連施設  : Hong Duc Hospital 1
        Hong Duc Hospital 2
        Hong Duc Hospital 3
ホームページ: http://www.hongduchospital.vn/ (ベトナム語ページ)


【キャピタルメディカの概要】
所在地   : 東京都港区虎ノ門1丁目2-3 虎ノ門清和ビル 10階
事業内容  : ヘルスケアセクター向け経営支援業務
資本金   : 1,355.5百万円(2013年1月現在)
ホームページ: http://capimedi.com/

<支援病院・施設数>
国内/医療機関:19、高齢者施設:2施設、健診施設:1施設、
画像診断施設:1施設、ベトナム/医療機関:2施設

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

ホンドク病院外観

@Press

トピックスRSS

ランキング