映画「利休にたずねよ」×百段階段 特別企画展 開催 目黒雅叙園にて 2013年11月26日(火)~2014年1月13日(月・祝)

@Press / 2013年8月8日 15時30分

(C)2013「利休にたずねよ」製作委員会
本年創業85周年を迎えた目黒雅叙園(運営:株式会社目黒雅叙園/所在地:東京都目黒区)では、2013年11月26日(火)~2014年1月13日(月・祝)まで、園内・東京都指定有形文化財「百段階段」において、映画「利休にたずねよ」×百段階段 特別企画展を開催します。


◆崇高なまでに研ぎ澄まされた利休の美の世界と、文化財との華麗な共演

【12月7日(土)全国公開される話題の映画「利休にたずねよ」の世界観】
「茶聖」とまで称えられた至高の芸術家-千利休。その「美」に対する見識や独創性には、かの織田信長や豊臣秀吉でさえ一目置いたといわれています。もしも、その崇高なまでに研ぎ澄まされた美意識が、若い頃に体験した情熱的な恋に始まっているとしたら・・・という大胆な仮説のもとに、希代の茶人の出発点を取り上げた第140回直木賞受賞の歴史小説「利休にたずねよ」が今年末、長編映画として新たな命を宿します。利休を演じるのは、歌舞伎俳優-市川海老蔵。その利休を見守り、寄り添う妻・宗恩には中谷美紀。利休に惚れ込む戦国の覇者・織田信長に伊勢谷友介。利休への愛憎をめぐらせる天下人・豊臣秀吉に大森南朋。そして今年2月に亡くなった市川海老蔵の父・團十郎が、若き日の利休の師であった武野紹鴎役として特別出演しています。文化財「百段階段」ならではの絢爛豪華な空間に、映画の世界がよみがえります。

【実際に映画で使用された衣裳・小物・映像・音楽を通して、文化財で体感】
本展では、数多くの映画の衣裳デザインを手掛ける宮本まさ江氏によるキャラクターの精神性まで加味した貴重な衣裳をはじめ、小道具、映像やパネルによる紹介、音楽に至るまで、映画の世界観を体感いただけます。各部屋ごとにテーマを設け、映画「利休にたずねよ」のさまざまなシーンと、文化財「百段階段」との融合をお楽しみいただけます。


◆企画展 映画「利休にたずねよ」×百段階段 概要
■展覧会名:目黒雅叙園 創業85周年特別企画展 映画「利休にたずねよ」×百段階段
■開催期間:2013年11月26日(火)~2014年1月13日(月・祝) 会期中無休
■開催時間:10:00~18:00(最終入館17:30)
■会場  :目黒雅叙園 東京都指定有形文化財「百段階段」
■入場料 :1,200円  前売 1,000円  学生 600円 ※小学生以下無料
■お問合せ:03-5434-3140 (10:00~18:00 営業部)
(主催)目黒雅叙園 (企画協力)「利休にたずねよ」製作委員会・宮本まさ江
(後援)目黒区・めぐろ観光まちづくり協会
(協力)株式会社井筒企画・株式会社ひなや

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング