1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

アパレル業界の新たな資源循環プラットフォーム『CicroMate(サイクロメイト)』 株式会社シップス 、実証事業を経て12月1日より事業参加

@Press / 2023年11月29日 12時0分



株式会社シップス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三浦義哲)(以下「シップス」)は、アパレル物流を担うセンコーグループの輸送網を活用し、動静脈一体物流を活用して効率的に廃プラスチックを回収し再生する資源循環プラットフォームの実証事業に参加してまいりました。実証事業では回収プラスチックの資源化、資源化された樹脂からフィルムを製造し再生品化、製品の販売などが検証されました。その結果を経て持続可能な事業として事業化される資源循環プラットフォーム「CicroMate(サイクロメイト)」に2023年12月1日より参加いたします。


画像 : https://newscast.jp/attachments/U1xKvaQsSa6R7711laxT.jpg


■事業イメージ


画像 : https://newscast.jp/attachments/VgS1xp9Uq3193TBQMJZu.png


▽回収対象プラスチックと減容


画像 : https://newscast.jp/attachments/BKUiqdWhkMrVTLl9Qond.jpg


画像 : https://newscast.jp/attachments/U76xxpg9y43W1KRhtigB.jpg


画像 : https://newscast.jp/attachments/unkPeJrjdYJeWVfaM3sS.png


■シップス の取り組み


シップスはCicroMateの資源回収を担って参ります。分別して回収されたポリエチレン(以下「PE」)は、資源としてセンコーグループに出荷いたします。
その後、再生樹脂となりPE製のハンガーカバーに生まれ変わった製品を購入し使用いたします。回収と再利用を通じて、資源の循環プロセスの一翼を担ってまいります。


■事業背景


国連によると、2050年には世界人口は98億人になると推計され、OECDの調査によれば、2060年までに世界全体の資源利用量は2倍(167ギガトン)に増加すると推計されています。大量生産・大量消費・大量廃棄を前提とする現在の経済システムは気候危機や資源枯渇、生物多様性の喪失、プラスチック汚染など様々な問題をもたらしています。こういった課題を次世代に先送りせず、“廃棄物による汚染を極力排除し、製品と原材料を循環させる”サーキュラーエコノミー(Circular Economy)“の実現が求められています。
このようなサーキュラーエコノミー化の流れを受け、日本のアパレル業界においても、衣服を店頭で回収し、リサイクルやリユースをするなどの取り組みが進められてきました。しかし、サプライチェーンの過程で発生するハンガーカバーの廃棄物は、非常にきれいな状態で排出される廃プラスチックにも関わらず、現状ではほとんどがサーマルリカバリー(熱回収)に留まっていました。物流拠点や各店舗で発生するハンガーカバーの廃プラスチック(ポリエチレン、以下「PE」)をマテリアルリサイクルするためには、薄く広く分散した廃棄物を効率的に回収することが必要不可欠であり、そのために企業の枠を超えた横断的な仕組みを構築することが求められていました。


■CicroMate(サイクロメイト)


英語で「循環」を意味するcirculationと「交差」を意味するcross、「素材」を意味するmaterial、「仲間」を意味するmateを取り込んだ造語です。業界の垣根を越えて資源を循環させる輪を広げていきたいという思いを込めています。
ファッションは人々のココロを楽しませてくれるもの。そのファッションに携わるアパレル業界の中で、地球に優しい取り組みを広げていくプラットフォームとして生まれました。


■会社概要


センコーグループホールディングス株式会社
本  社:東京都江東区潮見2-8-10 潮見SIFビル
代 表 者:代表取締役社長 福田 泰久
URL  https://www.senkogrouphd.co.jp/
株式会社シップス
本  社:東京都中央区銀座1-20-15
代 表 者:代表取締役社長 三浦 義哲
URL  https://www.shipsltd.co.jp/
1975年創業。日本初のセレクトショップとして“STYLISH STANDARD”をコンセプトにこだわりのスタイルを提案しています。
SHIPSが考えるサステナブルアクション、ONE SHIPS ACTIONはSDGsの達成を考えたCSR活動とサステナブルな取り組みを推進していくためのアクション。今そして今後もできることをSHIPSとして、またSHIPSスタッフ有志としてさまざまな活動を行っていくことを目的とします。様々なアクションの中で持続可能な未来を築いていくために少しのいいことを継続していきます。SHIPSは、今後もサステナビリティ活動の一環として、限りある資源を有効に活用し、持続可能な社会の実現に寄与してまいります。




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください