1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

年末年始にカーリング世界ツアーを国内有観客開催!「ニューイヤーカーリング in 御代田 2024」開催のご案内

@Press / 2023年11月30日 15時15分

ポスター
一般社団法人ワールドカーリングツアージャパンは、世界的にツアーをとりまとめるワールドカーリングツアーの認定大会「ワールドカーリングツアー ニューイヤーカーリング in 御代田 2024」を2023年12月28日(木)~2024年1月1日(月)に開催いたします。
冬のスポーツとしておなじみともなっているカーリングですが、女子の国際大会がなんと年末年始の開催となります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/377708/LL_img_377708_1.jpg
ポスター

【ワールドカーリングツアー ニューイヤーカーリング in 御代田 2024】
世界的にツアーをとりまとめるワールドカーリングツアーの認定大会。海外の強豪を招き、日本トップクラスのチームと激突する国際大会を、本年12月28日~2024年1月1日に開催します。
年の瀬に予選を開始して、決勝戦は1月1日の元日。ゆく年をカーリングで締めくくり、くる年をスタートさせるという、これまでにない国際大会となります。
集うは海外国内総勢10チーム!世界ランキングも上位につけ、来る2026年ミラノ・コルティナダンペッツォ五輪での代表も狙える位置にいる強豪が揃います。

場所は長野県軽井沢…のとなり、御代田町にある「カーリングホールみよた」
1995年竣工。以来本州最古のカーリング場として愛されてきた、味わい深い施設です。


【海外・国内から10チームが参加!】
海外からは2チームがエントリーしました。
五輪でも激闘を来る広げた日本のライバル韓国からは世界ランク16位、Team HA チーム ハ。
ジュニア時代から頭角を現し、2019年世界選手権で銅メダル、2020年世界ジュニア銀メダルなど数々の大会での実績を残し、2022年は韓国代表もつとめました。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/377708/LL_img_377708_2.jpg
Team HA チーム ハ

アメリカからは世界ランク17位、Team Strouce チームストラウス。
2020・2021年世界ジュニアアメリカ代表、2022年ジュニア選手権銅メダル、2023年ユニバーシアード銅メダルと、ジュニアで多くの実績を残しました。
いずれも世界ランク上位16チームが招待されるグランドスラム大会にも頻繁に出場。今後の活躍が期待されるチームです。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/377708/LL_img_377708_3.jpg
Team Strouce チームストラウス

●迎え撃つ日本からは8チームがエントリー
いよいよ1月末より五輪選考大会・日本選手権が始まる中、前哨戦の役割も果たします。
中でも有力なのは、世界ランク20位、Team Yoshimura フォルティウス。
グランドスラム準優勝経験があり、2021年日本選手権優勝。そして北京五輪代表決定戦ではロコ・ソラーレと歴史的激闘を繰り広げました。現在もツアーで好成績を残し続け、五輪を目指し続けます。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/377708/LL_img_377708_4.jpeg
Team Yoshimura フォルティウス

そして地元長野からは、昨年度の日本選手権準優勝、世界ランク41位、Team Ueno SC軽井沢クラブ。
今季、五輪に向けて長期海外遠征を敢行。11月には準優勝も果たし、着実にステップアップを続けています。
ニューイヤーは昨シーズン第1回大会で準優勝を果たしたゲンのいい大会。優勝を狙い、弾みをつけます。

そのほか、着実に力をつけるTeam Nakamura フィロシーク青森や、北海道拠点のTeam Minami STRAHL、関東地区からは昨年度日本選手権関東代表のTeam Suzuki 東京NB、富士急の元メンバー石垣真央が中心に今季結成されたTeam Oozeki GRANDIRがエントリー。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/377708/LL_img_377708_5.jpeg
Team Ueno SC軽井沢クラブ
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/377708/LL_img_377708_6.jpg
Team Nakamura フィロシーク青森
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/377708/LL_img_377708_7.jpg
Team Minami STRAHL
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/377708/LL_img_377708_8.jpg
Team Suzuki 東京NB
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/377708/LL_img_377708_9.jpeg
Team Oozek iGRANDIR
画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/377708/LL_img_377708_10.jpg
Team Tsuchiya 御代田選抜

そして開催地推薦・Team Tsuchiya 御代田選抜が参戦。幅広い人材で編成されたチームは本大会の台風の目となるかもしれません。

さらにはワールドカーリングツアージャパン推薦で、次世代を担うジュニアチームに参加を認める「未来枠」を制定。選考の結果、盛岡を拠点とする岩手ジュニアの参加が決まりました。
世界トップクラスとの対戦を通して、それぞれに課題を感じ、将来につなげてもらいたいと思います。

画像11: https://www.atpress.ne.jp/releases/377708/LL_img_377708_11.jpeg
未来枠 Team Segawa 岩手ジュニア

以上10チームが2ブロックに分かれて総当たり。ベスト4が元日に行われる準決勝に進出し、同日決勝。賞金200万円をめぐる戦いを繰り広げます。


●大会アンバサダーに2018五輪代表・山口剛史選手が就任!
2018年平昌五輪男子代表の山口剛史が第1回に引き続き、今大会の公式アンバサダーに就任しました。山口はこの大会全体をプロデュースし、セレモニーでの司会から競技解説、配信など獅子奮迅の活躍を見せます。


●比類ない距離で体感!場内特別観客席を設置!!
そしてこの大会、場内メインリンクのとなりに特別観客席を設置。躍動感のあるプレーや絶叫。ストーンが滑る音、ブラシでこする音など、比類ない近距離で試合を体感することが可能となります。
例えますと、旭山動物園のような至近感で熱戦を味わうことができるのです!

観客席はクラウドファンディングによる販売のほか、各試合のチケット販売も予定。
そして地元御代田町民は限定ながら無料観戦も可能となっています。(事前申し込み制)
そしてその模様、見どころとなるカードはBS朝日にてテレビ中継を行います。
さらには競技初日からインターネット配信。大学生編成の配信中継チームを結成し試合映像を制作。さらには英語版での配信も予定しております。

クラウドファンディングの案内
https://readyfor.jp/projects/newyearcurling


新たな2023の締めくくり ―
そして2024年の新たな幕開けに熱戦を繰り広げます。
正月にカーリング…そんな新たな風物詩を私たちは目指します。


【開催要項】
大会名ワールドカーリングツアー ニューイヤーカーリング in 御代田 2024
主催 :ニューイヤーカーリング in 御代田 2024実行委員会
共催 :株式会社テレビ朝日、一般社団法人日本国際広報戦略機構
総合型地域スポーツクラブ NPO法人あさまハイランドスポーツクラブ
一般社団法人ワールドカーリングツアージャパン
協賛 :イフイング株式会社、オリエンタルバイオ株式会社、株式会社明治、
ミネベアミツミ株式会社、社会医療法人恵仁会、フルタクリニック、
株式会社カネト、大井建設工業株式会社、あさま動物病院、
株式会社エス・エス・ケイ、ろぐ亭、軽井沢ウィスキー株式会社、
戸塚酒造株式会社、アグリパートナー株式会社、GOLDLINE、
株式会社オリエントファクトリー、株式会社五艘機械製作所
後援 :BS朝日、公益社団法人日本カーリング協会、長野県カーリング協会
御代田町、御代田町スポーツ協会、御代田町町議会、
御代田町教育委員会、御代田町観光協会、
長野県総合型クラブ連絡協議会、御代田町商工会、
御代田町旅館民宿組合
日程 :2023年12月28日(木)~2024年1月1日(月)
※28日は公式練習・ジュニア交流会 エキシビションマッチを実施
放送 :BS朝日 12月31日(日)午後2時~午後4時 予選
1月1日(月) 午後4時~午後6時 決勝
会場 :カーリングホールみよた(長野県北佐久郡御代田町大字草越1173-1735)
TEL:0267-32-0019 FAX:0267-32-0069
競技規則 :「JCA競技規則2022.11」による
競技方法 :ラウンドロビン、上位4チームによるトーナメント
(3位決定戦は行わない)
表彰(賞金):賞金総額200万円(優勝:100万 準優勝:60万 3位:20万×2チーム)
感染症対策:日本カーリング協会のガイドラインによる
参加チーム:海外招待 Team HA チーム ハ(韓国・世界ランク16位)
Team Strouce チームストラウス(アメリカ・世界ランク17位)
国内参加 フォルティウス(世界ランク20位)
SC軽井沢クラブ(世界ランク41位)
フィロシーク青森(世界ランク44位)
STRAHL(世界ランク103位)
GRANDIR(世界ランク138位)
東京NB
ASHC御代田選抜(大会推薦による出場)
岩手ジュニア(ワールドカーリングツアージャパン推薦)
※世界ランクは 2023年11月27日 WEEK18


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

Team HA チーム ハTeam Strouce チームストラウスTeam Yoshimura フォルティウス

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください