~女性の資産運用に関するレポート~晩婚化 社会進出 … 変化する女性の環境とお金事情 9割が「興味あり」、女性の資産運用への期待と不安 FP・山本氏に学ぶ“投資のコツ”、注目の運用方法とは!?

@Press / 2013年8月6日 16時30分

グラフ1
生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区)は、このたび、「女性の資産運用」に注目し、レポートします。


企業の人材におけるダイバーシティが重要視され始めたことも後押しし、女性の社会進出の推進が叫ばれる2013年。経済産業省と東京証券取引所が共同で「なでしこ銘柄」を発表したことをはじめ、各社が、女性が働きやすい環境に向け、ますます力を入れています。
一方で、晩婚化などの社会的な変化もあり、女性が自由に使えるお金が増えているという傾向にあります。その中で、今回、トレンド総研(東京都渋谷区)は、女性の資産運用に注目しました。生きる上で、お金は不可欠なものです。今回、取材を依頼したファイナンシャル・プランナーの山本 節子氏も、女性が安心して自分らしい人生を生きるために、自分の資産を作ることの重要性をあげています。そのために、資産運用は1つの有用な手段だと言えるでしょう。
今回は、女性の生き方という視点から、この資産運用について、その注目度や上手に行うためのコツなどについて調べました。


■レポート内容

1.女性500名にアンケート調査、資産運用に対する女性のイメージとは!?
資産運用に対する女性の意識や実態を探るために、25歳~49歳の女性500名を対象に調査を実施しました。

2.ファイナンシャル・プランナー・山本 節子氏に聞く、“女性”と“資産運用”
FP・山本氏に取材を実施。女性にとっての資産運用と、“イマ”、資産運用を始めることの意味について聞きました。

3.注目は不動産投資、インフレに強い実物資産のポイントを紹介
女性500名への調査、山本氏への取材から注目の高まりがうかがえた「不動産投資」についてフォーカスしました。


■1.女性500名にアンケート調査、資産運用に対する女性のイメージとは!?

はじめに、資産運用に対する女性の意識や実態について明らかにするために、女性500名を対象にした調査を実施しました。本調査では、現在の経済状況に対する女性たちの考え方や感じ方、自身の将来に対する意識について調べた上で、資産運用に対する考え方や取り組みの実態について聞きました。

[調査概要]
調査名:女性の資産運用に対する意識・実態調査
調査対象:25歳~49歳の女性 500名 ※既婚女性:300名、未婚女性:200名
調査期間:2013年7月19日(金)~2013年7月22日(月)
調査方法:インターネット調査
調査実施機関:楽天リサーチ株式会社

@Press

トピックスRSS

ランキング