1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

深井邦彦が新作書き下ろし!演劇創作を学ぶプロジェクト ゴツプロ!演劇部第三回公演『またね。の毒性と永い夜』上演決定 カンフェティでチケット発売

@Press / 2023年11月30日 12時0分

(左から)伊沢奈々、藤井みゆき、塩崎翔太、⾦澤未夢

ゴツプロ合同会社主催、『またね。の毒性と永い夜』が2024年3⽉1⽇ (⾦) 〜2024年3⽉3⽇ (⽇)にOFF・OFFシアター(東京都世⽥⾕区北沢2-11-8TAROビル3F)にて上演されます。本作では、現代劇の俊英とも評される深井邦彦が新作を書き下ろし、演出も手掛けます。チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 ⼤剛)にて12⽉2⽇(⼟)11:00より発売開始です。


カンフェティにて12月2日(土)11:00よりチケット発売
http://confetti-web.com/engekibu03
ゴツプロ!公式サイト
https://52pro.info/projects/52pro_engekibu/


画像 : https://newscast.jp/attachments/ee9bwsu31AtfnLabMuaR.jpeg
(左から)伊沢奈々、藤井みゆき、塩崎翔太、⾦澤未夢


ゴツプロ!演劇部とは?


劇団ゴツプロ!メンバーの浜⾕康幸が部⻑を務め、これからの役者達に劇団を⽴ち上げて欲しい、⾃分達の⼿で創作していく事を学ぶ事で、演劇を好きになって欲しいという思いから発⾜したプロジェクト。
オーディションでメンバーを募集して公演を続けており、三回目となる今回は作・演出に深井邦彦を迎え、演劇部4名で公演を開催します。


【演劇部メンバープロフィール】
■伊沢奈々 1998年10月8日生 奈良県出身
幼少期からダンスやミュージカルなどの舞台に立ち、高校生の頃から下北沢などの小劇場を中心に活動を始める。桜美林大学 芸術文化学群 ダンス・演劇専修卒業。最近では福井夏プロデュース公演や椿組野外劇公演に出演。
■⾦澤未夢 2001年10月11日生 大阪府出身
2022年ゴツプロ!演劇部二期生として活動を開始。2023年3月15日〜3月21日小劇場楽園にて行われた、ゴツプロ!演劇部第二回公演『世界虚仮』が初舞台となった。
■藤井みゆき 1998年6月27日生 愛知県出身
文学座附属演劇研究所入所を期に上京。本科生として1年間で計4本の舞台に立ち、2021年卒業。その後本多劇場グループに勤務し、舞台に携わる日々を過ごすも「やはり舞台に立ちたい」という強い思いを断ち切れず退職し活動。
■塩崎翔太 2000年2月14日生 東京都出身
2021年トライストーン・アクティングラボ入所。
ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」、Hulu「姉にヒュッゲを教えたい」などに出演。


【深井邦彦プロフィール】
1985年11月29日生 東京都出身
HIGHcolors 主宰、作・演出担当。現代劇を主に創作している演出家であり、劇作家。「激しさと包容力」をテーマに掲げ、マイノリティな悩みと向き合う作品を作り続けている。
近年では、兵庫県政 150 周年記念事業の演劇部門の演出や、よゐこ濱口優氏がプロデュースするアイドルグルー プの演出、若手俳優へのワークショップ講師など活動の幅を広げている。
近年の作品に、作・演出トローチ「熱く、沼る」、ゴツプロ!「ブロッケン」 作などがある。
【浜谷康幸プロフィール】
1972年3月21日生 東京都出身
ゴツプロ!と他劇団を繋ぐ新プロジェクト「BOND52」を立ち上げ、VOL.1小松台東BONDゴツプロ! 『山笑う』(作・演出松本哲也2022年7月小劇場B1)をプロデュース。次世代への橋渡しとして立ち上げた、演劇を創る過程を学ぶプロジェクト「ゴツプロ!演劇部」部長を務める。『続・まるは食堂』(作・演出:佃典彦)、『莫逆の犬』(作:田村孝裕、演出:寺十吾)等へ出演するほか、独特の感性で舞台演出も手掛ける。


画像 : https://newscast.jp/attachments/6Pm43zhgM9UbRMh0xsVU.jpeg


【『またね。の毒性と永い夜』あらすじ】
中学校の卒業式の帰りに明日もまた会うように「またね。」と笑顔で手を振って別れ、もう二度と会う事のなかった同級生をふと思い出した
そんな人間が人生であと何人居るだろうか。きっと大多数の「またね。」は、その人間との最後の別れの言葉になる
あの時、またねと別れた彼ら彼女らは今元気に暮らしているだろうか
このゴツプロ!演劇部3期生もこの公演が終われば解散して「またね。」と別れる
次に会う日はいつだろう?
またねと、別れた人間全員が、笑っていて欲しいなと思った
そんな事を祈った物語。


画像 : https://newscast.jp/attachments/XGoKvSvicrshk99faZnP.jpeg
(左から)藤井みゆき、伊沢奈々、⾦澤未夢、塩崎翔太


公演概要


『またね。の毒性と永い夜』
公演期間:2024年3月1日 (金) ~2024年3月3日 (日)
会場:OFF・OFFシアター(東京都世田谷区北沢2-11-8TAROビル3F)
■作・演出 深井邦彦
■出演者
伊沢奈々 金澤未夢 藤井みゆき 塩崎翔太 
■公演スケジュール
2024年3月1日(金)~3月3日(日)全6公演
3月1日(金) 14:00☆/19:00
3月2日(土) 13:00 /17:00♪
3月3日(日) 13:00 /17:00
※開演時間の30分前より受付・開場を開始いたします。
☆→アフタートーク開催
♪→アフターライブ開催
■チケット料金
前売/当日共:4,500円
U25:3,500円(25歳以下・枚数限定)
応援チケット:10,000円(特典付き・枚数限定優先席・CoRichのみ取扱い)
(税込)
※前売・当日・U25は自由席。
※未就学児童入場不可
■スタッフ
舞台監督:joe shimamura
照明:青木大輔 
照明オペレーター:大島由香恵
音響:兼坂香弥
楽曲提供:焦げたクッキー
宣伝写真:MASA HAMANOI
チラシ写真:tatsuya
WEB制作:山田大悟
制作:遠藤いづみ・汀紗
企画・制作:ゴツプロ!演劇部
【協力】
濱田志保
オフィスPSC
HIGHcolors
ミシェルエンターテイメント
Nana Produce
木村陵子
【特別協力】
株式会社本多企画
【主催】
ゴツプロ合同会社




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】
(左から)藤井みゆき、伊沢奈々、⾦澤未夢、塩崎翔太

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください