夏の疲れた体に“飲む輸血” 日本で唯一、一酸化窒素(NO)効果を得られる赤ビーツジュースのご紹介

@Press / 2013年8月20日 11時0分

BEET IT STAMINA SHOT
“健康とスポーツ”をコンセプトとしたイギリス製品の輸入・販売を行うタルゴジャポン株式会社(所在地:東京都千代田区)は、最近、日本でもTVや雑誌で特集が組まれている「一酸化窒素(NO)」効果を得られる赤ビーツジュース『BEET IT STAMINA SHOT』を販売しています。
NOを含んだサプリメントには粉末状のものやカプセル状のものは多くありますが、『BEET IT STAMINA SHOT』は日本で唯一、オーガニックドリンクで一酸化窒素の体内生成を補助できる商品です。


■一酸化窒素(NO)とは
一酸化窒素は、体内で自然に作られ、血管系の健康に重要な働きをする物質です。F・ムラド、R・F・ファーチゴットとL・イグナロが1998年に一酸化窒素のシグナル機能を発見し、ノーベル生理学・医学賞を受賞したことで世界中で注目を集めました。

体内で一酸化窒素が増えると血管が拡張され、パンプ(筋肉に血液が充満した状態)を持続し、より多くの血液を筋肉やその他の組織に運ぶことができます。
これにより、多くの栄養素や酸素、筋肉を作るホルモンを体内の組織に送り届けることができ、筋肉の成長を促進し、運動後の回復も早まります。
そのため、血圧正常化、基礎代謝・免疫力アップ、エイジングケア、疲労回復、スタミナアップなど様々な効果が期待できるのです。

【参照】日経BP企画『NOでアンチエイジング』 著者:ルイス・J.イグナロ


■“飲む輸血”赤ビーツとは
赤ビーツ[和名を火焔菜(カエンサイ)]は、“飲む輸血”と呼ばれるほど栄養素が豊富で、イギリスでは古くから健康によい野菜として食べられています。
形はカブに似ていますがホウレン草と同じアカザ科の植物です。
赤ビーツに含まれる硝酸塩(NO3)が、体内で一酸化窒素の発生を促進します。
また、ごく一部の植物しか持たない赤い色素「ベタシアニン」を豊富に含み、高い抗酸化作用があると言われています。また、塩分の排出を促すナトリウムも豊富で、高血圧予防にも役立ちます。

<主な栄養素>
鉄分、炭水化物、ナトリウム、カリウム、ビタミンC、葉酸

<主な生理機能成分>
・ベタシアニン
 アントシアニン系の水溶性色素成分。強力な抗酸化力を持っています。
・ラフィノース
 ビートに含まれるオリゴ糖。ビフィズス菌の栄養素としてその増殖を促進。
 大腸の運動を刺激し、便秘改善、老廃物の排出を助けます。また、生活習慣病を予防します。
・ベタイン
 甘味、旨味に深くかかわる成分です。肝機能強化、脂肪燃焼を促進します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング