エヴィクサー、TBS「世界陸上モスクワ2013」のセカンドスクリーンアプリへACR技術提供

@Press / 2013年8月9日 9時30分

TBSセカンドスクリーンアプリ「世陸応援団」
 ACR(自動コンテンツ認識)技術の開発を手がける日本エヴィクサー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:瀧川 淳)は、2013年8月10日から生放送されるTBS系列「世界陸上モスクワ2013」に際するセカンドスクリーンアプリ「世陸応援団」へ、世界初の試みとなる音認識、静止画認識、映像認識を同時に実現するソリューションを提供することとなりましたので、ご案内申し上げます。


■スマホアプリ「世陸応援団」の概要
 2013年8月10日から9日間にわたって、TBS系列で独占生中継される「世界陸上モスクワ2013」を視聴しながら、放送時の音声、ロゴイメージ、テレビコマーシャルの映像を認識することをきっかけとして、データ放送との連携や、ポイントが加算されたり、クイズに参加することができるようになるスマートフォン向けアプリです。なお、アプリはiOS、Android向けに無料で配布され、下記より随時ダウンロード可能です。

●iOS向けアプリのダウンロードURL
https://itunes.apple.com/jp/app/shi-luyoidon/id672665152?mt=8

●Android向けアプリのダウンロードURL
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.tbs.worldsport

番組連動とアプリのイメージ(画面はイメージです、実際の内容と異なる場合はご了承ください)
http://www.atpress.ne.jp/releases/37803/1_1.png


■TBS「世界陸上モスクワ2013」の概要
 世界陸上(世界陸上競技選手権大会)は、奇数年で開催される陸上競技の世界最高峰の大会で、今回が14回目。1997年よりIAAFのオフィシャルブロードキャスターであるTBSが2013年8月10日から9日間にわたって、地上波・BS・CS・インターネット動画配信で独占生中継を行います。
(URL: http://www.tbs.co.jp/seriku/ )


■当社の提供技術について
 当社は、生放送とスマートフォンがリアルタイムに連動するソリューション提供により、0.01秒を競う緊張感あふれるモスクワのルジニキ・スタジアムの雰囲気をさらに高める、次世代の視聴体験実現をサポートさせていただきます。
 当社はこれまでに、テレビやネット、デジタルサイネージなどから流れる音・イメージあるいは映像をスマートデバイスの内蔵機能を活用して認識させ、その情報をトリガーに連動アクションを起こす専用アプリケーションや、既存のアプリケーションへ組み込みを可能とした開発キット(SDK:Software Development Kit)を開発、2012年より本格的にサービスの提供を開始し、豊富な導入実績を培ってまいりました。
 この度のTBSテレビへのACR技術提供を皮切りに、放送とスマートフォンの連携はもとより、来るべきスマートテレビ(Smart TV)における高付加価値な視聴プラットフォームの実現を目指して、様々なメディアとユーザーをつなぐ接点としての役割を拡大してまいります。


【日本エヴィクサー株式会社について】
 Video/Audio/Image Fingerprint(映像・音声・イメージのフィンガープリント技術)、Audio Watermark(音響透かし)、SIPソフトフォン「Chiffon」の開発をはじめ、IP-PBXソリューションの提供、リモートコントロールのソリューションを提供しております。
 「TBSキクミミ」「SPONGE」などのアプリをはじめとして、テレビ放送局、大手広告代理店、プラットフォーム運営会社などが手がけるアプリやキャンペーンに数多くACR技術を提供し、今夏全国ロードショー公開で注目のアトラクションホラー映画、角川書店配給「貞子3D 2」のスマ4D企画にも技術提供しております。
(URL: http://www.evixar.com )

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング