スマートフォン液晶保護用カバーガラス「Z’us-G(ゼウスジー)」「海・山・川」夏のレジャーでスマホの液晶を守るアイテムとして注目される

@Press / 2013年8月7日 12時45分

パッケージ写真(イメージ)
HOYA株式会社(本社:東京都新宿区、代表執行役CEO:鈴木洋)の100%子会社であるHOYAサービス株式会社(本社:東京都中野区、社長:大原幸男)は6月12日、液晶保護用カバーガラス「Z’us-G(ゼウスジー)」を発売しております。
今回は、今の時期特有の「夏のレジャー」におけるお客様からの声を集めました。その結果として、通常のフィルムとは違い、強化ガラスの特長である「傷付き難さ」、「割れ難さ」が、夏休みを利用したアウトドアでのシーンで特に好評を得ています。
<お客様の声>
・ハイキングが好きなのですが、先日ハイキング中に突然電話がかかり、うっかり落としてしまいましたが、スマートフォンは無事でした。
アルミノシリケートガラスが衝撃に強さを発揮します。また、曲げ強度もあり耐久性は抜群です。万が一、本体の液晶が割れるような衝撃を受けても、本商品が代わりに割れます。しかも、飛散防止フィルムがついているから安心です。
URL http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=o1R8HNKuVbk

<お客様の声>
・海に遊びに行った時に、うっかり砂のついた指でスマートフォンを操作したのですが、傷がつかなかったです。
・週末はドライブすることが趣味なのですが、車の乗り降り時、ポケットからスマートフォンが滑り落ちてしまい傷が付いたことがありましたが、これからはそんな心配はしなくてよさそうです。
表面硬度が9H(鉛筆硬度)であるため、カバンやポケットの中でモノにあたっても傷がつきにくく、美しい液晶面を保ちます。
URL http://www.youtube.com/watch?v=WzIsWI0yrMM&feature=player_embedded

このように夏特有のアクティブなレジャーを楽しんでいる時に、スマートフォンが傷付いてしまうケースが多いことがわかりました。海水浴、キャンプやバーベキューなど、これからが本格的なシーズンです。つい砂の上や河原にスマートフォンを落としてしまい、液晶面を傷付ける場合も多くなることが予想されます。
Z’us-G(ゼウスジー)は、“アクティブなシーンでの名脇役”として大事なスマートフォンを守り、通常のフィルムでは実現が難しい価値を提供しております。
Z’us-G(ゼウスジー)には、防水機能は無いのでご注意ください。

Z’us-G(ゼウスジー)とは、
本製品は、ノートパソコンなどに内蔵されるHDD(ハードディスクドライブ)用ガラス基板で世界シェア80%以上※を有するHOYAグループのガラス基板の加工技術を応用し、優れた耐衝撃性を持つ液晶保護用カバーガラスを実現したものです。
2.5インチサイズ 2013年3月時点(当社調べ)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング