モンドセレクション3年連続金賞受賞の、農家が作るバームクーヘン「鉾田の白いやどかり」が第26回全国菓子大博覧会 名誉総裁賞(技術部門)受賞

@Press / 2013年8月9日 14時0分

「白いやどかり」全国菓子大博覧会名誉総裁賞受賞
農業法人深作農園有限会社(所在地:茨城県鉾田市、取締役:深作 勝己 以下:当農園)は、農家が作るバームクーヘンとして大人気の「鉾田の白いやどかり」が第26回全国菓子大博覧会 名誉総裁賞(技術部門)を受賞したことを下記の通りお知らせいたします。

「鉾田の白いやどかり」: http://farmkuchen.com/yadokari/index.html
深作農園       : http://fukasaku-farm.com/


当農園では農園敷地にバームクーヘンの製造工程お客様に見ていただきたいと2010年2月4日に茨城県初のオープンキッチンバームクーヘン専門店「Farmkuchen fukasaku」をオープン。農家だからこそできる素材にこだわったバームクーヘンを焼き続けることで本年度は、モンドセレクションにて3年連続金賞受賞、「iTQi(国際味覚審査機構)」にて2年連続2つ星受賞、「DLG(社団法人ドイツ農業協会)」にて2年連続金賞受賞に加えて、第26回全国菓子大博覧会 名誉総裁賞(技術部門)を受賞いたしました。

今回、日本の菓子業界の中でも最高の栄誉とされている全国菓子大博覧会において、全国1万点の中から最高の賞である名誉総裁賞(技術部門)を受賞できたことは、大変栄誉なことです。お菓子業界においてお墨付きを頂戴した栄誉を大切にし、これからもお客様に喜んでいただけるバームクーヘンをお届けできますよう、日々の研鑽を重ねてまいります。


■全国菓子大博覧会
全国菓子大博覧会は1911年(明治44年)4月、第1回帝国菓子飴大品評会として初めて開催された菓子博で、1世紀を超える歴史を刻む全国最大のお菓子の祭典です。和菓子を中心に、洋菓子・スナック菓子等も含めた日本最大の菓子業界展示会とともに品評会もあり、審査は各県菓子工業組合と全国菓子団体から選ばれた76名によって評点式官能審査方に基づき、1.色 2.風味 3.香り 4.表現 5.品格 6.衛生 7.市場性の審査が行われます。


■第26回全国菓子大博覧会 名誉総裁賞(技術部門)受賞商品
○商品名:鉾田の白いやどかり
http://farmkuchen.com/yadokari/index.html
日本のバームクーヘンの主流は角(つの)がなく、ソフト系のやわらかいものですが、本場ドイツのバームクーヘンには槍と呼ばれる角(つの)があります。
本商品は、本場と同じドイツ伝統のクラシックスタイル仕様にしっかりと仕上げており、通常のバームクーヘンの3倍もの時間と手間をかけて完成さている最高級バームクーヘンです。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

「白いやどかり」

@Press

トピックスRSS

ランキング