KLab、オンライン対戦プロ野球ゲーム『プロ野球グランドスラム』を国内App StoreとGoogle Playへ提供開始

@Press / 2013年8月20日 14時30分

『プロ野球グランドスラム』イメージ
KLab株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:真田 哲弥、以下「KLab」)は、オンライン対戦プロ野球ゲーム『プロ野球グランドスラム』を、国内App StoreとGoogle Play向けに8月20日から提供開始いたしました。

『プロ野球グランドスラム』イメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/37854/1_1.png


『プロ野球グランドスラム』は、以下の特徴を持ったオンライン対戦プロ野球ゲームです。

■『プロ野球グランドスラム』の特徴
(1)リアルタイムオンライン対戦
国内App Store、Google Playに無料で提供される野球ゲーム(※)初となる、試合中にプレイヤー同士がリアルタイムに対戦できる「オンラインリーグ」を搭載しました。従来、国内App Store、Google Playに無料で提供される野球ゲームのオンライン対戦は、試合結果をリーグ上で競うもののみでした。しかし、「プロ野球グランドスラム」では、プレイヤーが試合中に選手を操作できます。対戦相手の戦術を読んで投打を決定するなど、プレイヤー同士の手に汗握る駆け引きにより、より緊張感のある試合を楽しめます。
※「プロ野球グランドスラム」はダウンロード無料(アイテム課金制)です。

(2)自分だけのドリームチームを作成
NPB(一般社団法人日本野球機構)の承認を得て、12球団による総勢550名を超える現役選手をはじめ、監督、球団マスコットがカードとなって登場します。プレイヤーは球団オーナーとなり、カードを集めて自分だけのドリームチームを作成。選手カードを強化や進化によって成長させることで試合を有利に進めます。

(3)試合中に勃発するミニゲーム
試合内でチャンスやピンチになるとミニゲームが発生し、プレイヤーが投打を操作して楽しめるドラマティックアクションモードに突入します。プレイヤーの実力次第で試合結果が変わっていくので、「チャンスを掴む」・「ピンチを乗り切る」など、リアリティのあるプレー体験が可能です。

(4)3D演出による球場と選手動作で高まる臨場感
試合では選手が3Dで登場し、10種類の変化球を再現しています。また、球場は時間帯によって、ナイトゲーム、デイゲームを表現する等、迫真性に富んだ演出をしています。


『オンラインリーグ』対戦ゲーム画面
http://www.atpress.ne.jp/releases/37854/2_2.png

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング