日本初!国連が定めた「世界人道デー」記念イベントを神戸で開催

@Press / 2013年8月12日 15時0分

キャンペーンテーマ
高度で実践的なITエンジニアを育成する神戸情報大学院大学(学長:炭谷 俊樹、 http://ict4d.kic.ac.jp )は、国連人道問題調整事務所(OCHA)、国際協力機構(JICA)関西、特定非営利活動法人BERTとともに、8月19日に神戸にて行われる日本初の「世界人道デー」記念イベントを開催します。


国連総会で定められた「世界人道デー(WHD:World Humanitarian Day)」は、世界各地で起きている紛争や自然災害などの人道問題に焦点をあて、被災地の現場で緊急人道支援に携わる人々に思いを寄せるための日です。毎年、世界人道デーに関するキャンペーンが展開され、8月19日には国連機関や民間団体を中心に、世界各地で関連イベントが開催されます。昨年度は人気歌手ビヨンセさんが、国連総会議場でキャンペーンのテーマ曲「I was here」を披露し、その他にも多くのアーティストや著名人が参画するなど盛大に行われました。

今年の世界共通キャンペーンテーマは、「世界がもっと必要としているのは_____」(The World Needs More _____)です。民間企業や著名人が「_____」に入るべき言葉をスポンサーし、ウェブサイトやプロモーションビデオなどでこれを広め、世界中でソーシャルメディアを通じた言葉の広まりに応じて、緊急人道支援のための国連プールファンドに資金拠出をするしくみです。

今回、国際都市神戸で、日本で初めて記念イベントを開催します。


<開催主旨>
・一般市民やメディア参加によるセミナー開催を機会として、今年の「世界人道デー」キャンペーンを日本国内で広める。
・世界が直面する人道問題と緊急人道支援に携わる人々(エイド・ワーカー)に対する理解を深める。
・特にICTの活用により様々なかたちでの貢献が可能となった緊急人道支援を一般の方にも身近に感じてもらう機会とする。

会場では、ウェブプラットフォームやソーシャルメディアを活用した今年の世界人道デーキャンペーンを詳しくご紹介します。また、阪神淡路大震災や東日本大震災などでも注目された、人道支援、すなわち人のいのちを救うために、情報通信技術(ICT)が果たす役割について考える機会の提供を行います。
関心のある方であれば、どなたでもご参加いただけます。


<イベント概要>
2013年「世界人道デー」記念イベント

テーマ :「世界がもっと必要としているのは__________」
日時  :2013年8月19日(月) 14:00-17:00
場所  :JICA関西 2F講堂
     〒651-0073 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1丁目5-2
参加費 :無料
言語  :日本語
共催  :国連人道問題調整事務所(OCHA)、国際協力機構(JICA)関西
     神戸情報大学院大学(KIC)、特定非営利活動法人BERT
協賛  :シスコシステムズ株式会社
参加方法:事前にメールにてお申込みください。
     JICA関西 業務第二課 小野・渡辺宛
     ( jicaksic-drlc@jica.go.jp )

@Press

トピックスRSS

ランキング