国産材で作る「おもちゃのデザイナー」を一般公募開始 ~子供から大人まで広くデザインを募集・来春 全国で販売予定~

@Press / 2013年8月19日 11時0分

プロジェクトの商品化イメージ
株式会社キシル(本社 静岡県浜松市、代表 渥美 慎太郎)は、家具を製作する際にできるヒノキや杉などの端材を活用し、一般ユーザーから募集したデザインで国産材のおもちゃを商品化する「あまり木おもちゃプロジェクト」を2013年8月より開始しました。

当社は、学習机の企画製造販売を主軸事業としていますが、幼少のお子様にも“日本の木”に親しんで頂くため、カスタネットや積み木など、おもちゃの企画製造販売にも力を入れています。

当プロジェクトでは、第1弾として「車」をテーマにデザインを広く募集します。採用されたデザインを基に、車のおもちゃを製作し、キシルネットストア( http://www.xyl.jp/ )や直営店(静岡県、東京都、長野県)にて来春販売予定です。子供から大人まで、どなたでも参加することができ、採用者は“商品デザイナー”としてホームページやパンフレットでご紹介します。


【応募要項】
1.応募期間:2013年8月10日(土)~2014年3月31日(月)
2.応募資格:なし(プロ、アマチュアは問いません)
3.応募方法:(1)キシル直営店(全国3店舗)で応募用紙をスタッフへ手渡し
       (2)郵送またはコンテストサイトより応募
        ( http://xyl.co.jp/amarigi/ )
4.選考方法:弊社での厳選なる審査のうえ、随時採用デザインを決定し、
       当選者には弊社より直接ご連絡します。
       結果発表はコンテストサイトにて発表します。

※詳細は応募用紙またはコンテストサイトをご確認ください。

<デザイン採用者の特典>
・実際に商品化され、キシルネットストアや直営店(静岡県、東京都、長野県)にて販売します。
・デザインを基にした商品第1号をプレゼントします。
・キシルホームページやカタログなどで“デザイナー”としてご紹介します。


【当プロジェクトの背景】
戦後復興のため一斉に植えられた杉やヒノキなどの人工林は、日本の面積のおよそ3割を占め、その多くが伐採期を迎えています。
人工林は通常樹齢60年から80年で伐採し、出荷されるのが適切とされていますが、多くは手入れが行き届かず森林に取り残されたままです。
弊社では、「日本の木を大切にしたい」と言う創業当初からの想いより、ヒノキの学習机の販売をはじめ、国産材の持つ素晴らしさを広めるための活動を、今後も続けてまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング