魔女であることを知った一人の少女を取り巻くミステリー×ファンタジー×ラブロマンス「シークレット・サークル」 「WARNERTV」で9月15日(日)から早くもオンデマンド配信スタート

@Press / 2013年8月26日 15時0分

「シークレット・サークル シーズン1」(TM)&(C)Warner Bros. Entertainment Inc.
ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社(ワーナー・ブラザース、本社:東京都港区、代表取締役社長:ウィリアム・アイアトン)の一部門であるワーナー・ブラザース テレビジョン(日本代表:小田 充)は、全米で10代を中心に絶大なる人気を誇るL・J・スミス原作のベストセラー小説を『ゴシップガール』『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のスタッフが映像化した「シークレット・サークル シーズン1」を、チャンネル型オンデマンドサービス「WARNERTV」にて、2013年9月15日(日)から早くもオンデマンド配信をスタートします。現在WARNERTVは、dビデオ、J:COM、U-NEXT、UULAで配信中です。


数世紀にも渡り繰り広げられてきた善と悪の戦いの鍵を握るのは、母を亡くしたばかりの10代の少女。母を謎の事故で亡くし、祖母と暮らすためワシントン州のチャンス・ハーバーに引っ越してきた高校生のキャシー。彼女は謎めいた5人の同級生と出会い、自分が魔女の子孫でありながら、魔力を増大させる“サークル”の結成に必要な最後の1人であることを知らされるが・・・。未知の力を得た若き魔女たちが、自分に秘められた力の真相を明らかにするため、善と悪の壮絶な闘いに巻き込まれていくミステリー、ファンタジー、ラブロマンス、3つの要素が詰まった大ヒット青春ミステリードラマです。また、サークルのメンバーで、キャシーに淡い思いを寄せる青年アダムを「ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ」で人気を得たトーマス・デッカーが演じるなど、注目の若手俳優の活躍も見どころのひとつです。


■作品概要
<製作総指揮>
ケヴィン・ウィリアムソン
アンドリュー・ミラー

<キャスト>
ブリット・ロバートソン
トーマス・デッカー
フィービー・トンキン
シェリー・ヘンニグ
ジェシカ・パーカー・ケネディ
ルイス・ハンター


■WARNERTV(ワーナーTV)について
ワーナー・ブラザースが展開する月額制見放題サービス。月々のお支払いをいただくだけで、ハリウッドスタジオNo.1のコレクションより選び抜かれた、幅広いジャンルの魅力的なTVシリーズを好きな時にお楽しみいただけます。ライフスタイルの異なる、いまのユーザーニーズに応えるために考案された新たなエンターテイメント・サービスです。


■ワーナー・ブラザース インターナショナル テレビジョン ディストリビューションについて
ワーナー・ブラザース テレビジョンの本社であるワーナー・ブラザース インターナショナル テレビジョン ディストリビューションは、世界最大のテレビ向け配給会社です。吹き替えや字幕などで提供される作品は5万時間(劇場公開作品6,000本以上、及び新作テレビドラマ70本以上を含む)にもおよび、世界175カ国以上において40以上の言語で楽しまれています。ワーナー・ブラザース インターナショナル テレビジョン ディストリビューションは、放送、ケーブルTV、衛星放送、VODそしてデジタル・プラットフォームなど世界中のテレビメディアに配給を行なっています。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

「シークレット・サークル シーズン1」(TM)&(C)Warner Bros. Entertainment Inc.

@Press

トピックスRSS

ランキング