眠眠打破委員会【受験勉強に関する調査】「眠気」と「携帯電話」を制する者が受験を制す!?

@Press / 2013年8月16日 11時0分

graph1
ノエビアグループの常盤薬品工業株式会社(本社:東京都中央区)が運営する『眠眠打破(みんみんだは)委員会』は、夏休みを夏期講習などで頑張る受験生にフォーカスし、「受験勉強に関する意識調査」を実施しました。

◆調査期間:2013年8月2日~6日、調査方法:インターネット調査
◆調査対象:2014年春または2015年春に受験を予定している16歳~22歳の全国男女394名


<調査結果トピックス>
■受験生の“敵”、ダントツ1位「眠気」。現役受験生(16~18歳)の2位は「携帯電話」
既卒生(19~22歳)の「携帯電話」が27.8%(第4位)に対し、現役生は47.1%(第2位)と20ポイントの開き

■夏の受験対策必勝グッズはやっぱり神頼み「お守り・願かけ」の他、「冷却グッズ」も
猛暑とたたかう受験生の必勝グッズ・ベスト3は「お守り(1位)」「眠気対策グッズ(2位)」「冷却グッズ(3位)」

■平均睡眠時間7.2時間。しっかり寝ても、「眠気」が“敵”の受験生
「眠気」の原因は、睡眠不足ではない!?受験勉強を始めてから「睡眠時間に変化なし」、約6割


<調査結果>
--------------------------------------------------------------------------
■受験生の“敵”、ダントツ1位「眠気」。
  現役受験生(16~18歳)は、「携帯電話」との付き合い方が合否を左右!?
--------------------------------------------------------------------------
「この夏、受験勉強の敵だと感じることを教えてください。」(複数回答)という設問では、「眠気」という回答が68.5%を占め、ダントツで1位。次いで「プレッシャー(43.1%)」が2位という結果に。

※グラフ1:「この夏、受験勉強の敵だと感じることを教えてください。」(N=394)
http://atpress.ne.jp/releases/37893/graph1_1.jpg

注目ポイントとして、「携帯電話(メール・SNS等)が勉強の敵」という回答が、現役生と既卒生で大きく差が開いたことが挙げられます。既卒生(19~22歳)では27.8%(第4位)であったのに対し、現役生(16~18歳)では47.1%(第2位)と実に約20%以上も差が。
両者とも、“勉強をおろそかにして携帯電話に集中してはいけない”という考えを持ち合わせているようですが、特に現役受験生では「携帯電話」との付き合い方も合否を分けるポイントになりそうです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング