GfK Japan調べ:パソコンのB2B市場動向

@Press / 2013年8月13日 18時0分

パソコンのB2B市場動向図1
 ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン株式会社(所在地:東京都中野区、代表取締役社長:藤林 義晃)は、B2B市場におけるパソコンの販売動向※1を発表した。


【概要】
・2013年上半期(1-6月)のB2B市場におけるパソコンの販売数量は前年比13%増。
・Windows XPのサポート終了への対策未着手企業も多く、期限が切れる直前までリプレース需要は底堅い見込み。


【Windows XPのサポート終了が迫り活況】
 B2B市場におけるパソコンの販売は年初来活況を呈している(図1)。6月はパソコン全体で数量前年比25%増と高い伸びを見せ、2013年上半期(1-6月)では同13%増を記録した。市場を押し上げているのは、2014年4月に迫ったWindows XP(以下 XP)のサポート期限終了により拍車のかかるリプレース需要だ。サポート期限後もXPを使い続けることはセキュリティ面でのリスクを高めることになるため、同需要を喚起している。

図1: http://www.atpress.ne.jp/releases/37935/1_1.png


【サポート終了の直前まで底堅いことが見込まれるリプレース需要】
 GfK実施のIT担当者向け調査※2では企業におけるXP搭載パソコンの割合は13年6月時点でも平均で4割を超えていることが明らかになった(図2)。特に中小企業ではその割合が高かった。Windows OSはXPの後、Vista、7、そして昨年末発売の8とバージョンアップを行っているものの、2010年までXP搭載パソコンが出荷されていたこともあり、XPの稼働率は依然高いことが背景にある。

図2: http://www.atpress.ne.jp/releases/37935/2_2.png

 同調査からリプレースの費用やシステムの互換性、データ移行等に関して懸念する声も聞かれたものの、現在稼働しているXP搭載パソコンの半数以上をサポート期限内にリプレースするという企業が多かった。なお現時点で対策未着手という回答や対策完了時期をサポート終了直前の2014年1~3月に予定しているという回答も多かった。このため年後半から2014年4月のXPのサポート終了直前まではリプレース需要が底堅いと予測される。加えて14年4月は消費増税が実施される可能性もあり、直前期にはさらなる駆け込み需要が見込まれる。


※1.ITリセラー等の販売実績をもとにB2B市場規模(メーカー直販は除く)へ拡大推計した
※2.「2013年6月期 情報化投資に関する事業所モニタ調査」概要
調査期間:2012年6月
調査方法:インターネットリサーチ
回答者 :勤務先で情報システム部門に所属、または勤務先でITハードウェア・ソフトウェアの導入に携わっている方 約1,400名

※当社名を報道にて引用頂く場合は、正式社名のほか、「GfK Japan」、「ジーエフケー ジャパン」、「GfKジャパン」の略記でも結構です。


■ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン株式会社
URL: http://www.gfkrt.com/japan/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

パソコンのB2B市場動向図2

@Press

トピックスRSS

ランキング