GfK Japan調べ:2013年上半期 家電・IT市場動向

@Press / 2013年8月14日 16時30分

2013年上半期家電IT市場動向図2
ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン株式会社(所在地:東京都中野区、代表取締役社長:藤林 義晃)は、2013年上半期の家電およびIT市場の国内販売動向を発表した*1。


【国内家電流通】
 2013年上半期の家電小売市場は、6月に家電量販店の売上高がアナログ停波以来約2年ぶりに前年を上回ったほか、主要品目の平均価格が下げ止まりの傾向にあるなど、下半期に向けて回復の兆しが見られた。しかしながら、2013年通年の市場規模としては前年をわずかに下回ると見込まれる。そのような中、家電市場におけるインターネット経由の売上比率は年々上昇しており、2013年通年では10%前後になると予想される。


【AV市場】
 2013年上半期の薄型TVは前年比33%減の320万台となった。エコポイント制度、アナログ放送停波に伴う特需の反動が未だに大きく、厳しい状況が続いている。ただ、下落が続いていた平均価格は56,500円と前年上半期から13%上昇した。また、大画面化が進展し、50インチ以上の数量構成比は2012年通年の5%から8%へ拡大した。相次いで新製品が投入された4KTVはこの拡大の一端を担った。50インチ以上における4KTVの数量構成比は年始では1%に満たなかったが、6月には7%となった。売り場特設・製品説明会といった大々的な展示・訴求が奏功したといえよう。

 Blu-ray Disc(以下 BD)/DVDは前年比20%減の273万台であった。数量ベースで市場の約半数を占めるBDレコーダーは外付けHDD対応TVの増加と、TVと同様の特需の反動から、前年比33%減の130万台となった。BDレコーダーの平均価格は、内蔵HDDの大容量化や2つ以上のチューナーを搭載した製品の増加など高価格帯の構成比が拡大した結果、47,000円と前年から2%上昇した。

 その他いくつかのAV製品ではスマートフォン普及の影響がみられた。ポータブルメディアプレーヤーやデジタルビデオカメラはそれぞれ数量前年比18%減、13%減と縮小した。スマートフォンでも代用可能な機能を有していることや、同様の機能を備えた他製品が台頭したことも要因として挙げられる。一方、スマートフォンの録音機能との競合により縮小が懸念されたICレコーダーは同3%増とプラス成長を維持した。ビジネスやお稽古等、利用目的やシーン上、スマートフォンを使用しづらいことも背景にあると想定される。ヘッドホン/ヘッドセットは数量ベースでは前年比3%減となったものの、平均価格の上昇により金額ベースでは同4%増となった。

@Press

トピックスRSS

ランキング