業界初 電波時計内蔵「ウォッチ万歩計 DEMPA MANPO TM-500」を発売~日本全国どこでも正確な時刻に自動修正~

@Press / 2013年8月21日 10時30分

【万歩計(R)】ウォッチ万歩計 DEMPA MANPO
「万歩計」の登録商標を持つ歩数計のパイオニアメーカー、山佐時計計器株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:加藤 研)は、ウォッチ万歩計の第2弾として、業界初(※1)の電波時計を内蔵した「ウォッチ万歩計 DEMPA MANPO TM-500」を9月2日より発売いたします。

詳細URL
http://www.yamasa-tokei.co.jp/seihin/watch/tm_500.html

製品画像
http://www.atpress.ne.jp/releases/37948/1_1.jpg


近年の歩数計は加速度センサーを採用したポケット・バッグインタイプが主流となり、機能も多彩になりましたが、その分、ユーザーが設定をする項目も多くなりました。また、電池寿命が6ヶ月~1年の製品が多く、設定をやり直す機会が増えました。

今回、発売する「ウォッチ万歩計 DEMPA MANPO TM-500」は業界初の電波時計を組み込むことにより、時刻・日付の設定が不要になりました。本器を使用中には、日本標準時刻電波を受信して自動的に日時を修正します。

機能は、歩数・歩行距離・消費カロリー・歩行時間・時刻・カレンダーの表示とウォーカー待望の1秒単位のストップウォッチ機能を搭載。メモリーデータは過去7日分を表示します。また雨・手洗いの際の水しぶきに耐えられる3気圧日常生活防水を採用しています。

メイン画面が『時刻・カレンダー表示』なので万歩計とは気づかれない、男女兼用の腕時計タイプ万歩計です。外れたり、落としたりする心配もなく、使いやすくて気軽にデータをチェックできます。


※1 2013年8月時点。


【主な特長】
1. 電波時計内蔵万歩計
日本標準時刻電波を受信して自動的に時刻と日付を修正します。
標準電波は福島局と九州局の2局から送信されていますので日本全国どこでも正確な時刻を表示します。
※ご使用環境により、電波の受信が難しい場合があります。

電波送信範囲
http://www.atpress.ne.jp/releases/37948/2_2.jpg

2. 腕時計タイプだから、使いやすい!見やすい!
歩いた振動や腕の振りで歩数をカウントします。
腕時計タイプだから、外れたり落としたりする心配がありません。
いつでも、どこでも、使いやすく気軽にデータをチェックできます。

装着イメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/37948/3_3.jpg

@Press

トピックスRSS

ランキング