フュージョンズ、クラウド型経営管理プラットフォーム『fusion_place 2.0』を提供開始

@Press / 2013年8月20日 16時0分

株式会社フュージョンズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:村瀬 司)は、予算管理や経営報告、販売計画といった経営管理業務を統合的に支援するクラウド型プラットフォームサービスfusion_place 2.0の一般提供を本日(8月20日)から開始します。

株式会社フュージョンズURL: http://www.fusions.co.jp


■統合された経営管理システム基盤
ERPが普及した現在でも、予算実績管理や月次経営報告、販売見通しの集約といった経営管理に関する業務は、未だMicrosoft Excelを代表格とするスプレッドシートソフトウェアの独擅場です。BI(ビジネスインテリジェンス)ツールを導入している企業でさえ、BIツールから取り出した実績データをExcelで2次加工して報告資料や分析資料を作成しています。計画系の業務においても、計画の作成/集計/評価といった業務はExcelで行い、確定した数値を公開するためにBIシステムにアップロードしているに過ぎないといった状況がよく見られます。結果として、多数のExcelファイルの管理やシート間のデータの統合といった非生産的な作業に、担当部署の業務時間の大部分が費やされている例も稀ではありません。

フュージョンズは、経営管理の領域におけるこうした状況に対処するには、取引処理のサポートを主たる役割とするERPや、情報利用/分析の支援を主に目指すBIとは異なる特性を持つITインフラが必要と考え、それを、MI(マネジメントインテリジェンス)と名付けました。MIは、以下のような特性に基づいて経営管理業務を支援する統合システムを指す概念です。

●経営情報の加工・編集・共有プロセスに対するリアルタイムサポート
●多次元集約データを対象とする加工・編集とバージョン管理
●経営データの分散と統合の支援
●変化の速い経営管理要件への追随性

(詳細: http://www.fusions.co.jp/concept-mii/mgmt-and-mi/ )

今回リリースした『fusion_place 2.0』は、MIコンセプトのもと開発された経営管理システム基盤をクラウドベースでご提供するサービスです(オンプレミスでのご提供も可能)。


■fusion_place 2.0の特長
fusion_placeは、蓄積されたExcelシートを負債ではなく資産として引き継ぎつつ、経営管理プロセス全体のマネジメントを可能にします。以下に主な特長を挙げます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング