画期的なクロス・ドメインの新特許技術「データ・アブダクション」搭載!企業間の戦略的データ連携を実現するストラテジック・リレーショナルDMP「UnityGraph(ユニティ・グラフ)」リリースのお知らせ

@Press / 2013年8月19日 18時0分

UnityGraphロゴ
株式会社KPIソリューションズ(本社:東京都中央区、代表取締役 石田 徹郎)は、異なる企業間の会員データベースを事前に名寄せすることなく、さらにはIDおよびパスワード等の情報を共有化せずとも、シングル・サインオンしたユーザーブラウザ上のみにデータを結合して表示させることができる画期的なクロス・ドメイン認証の新技術「データ・アブダクション」の特許取得に成功、同技術を搭載し、企業間およびそのユーザー間のセキュアなクロスデータを実現するストラテジック・リレーショナルDMP「UnityGraph (ユニティ・グラフ)」をリリースすることを発表いたします。

昨今、ビッグデータ処理への関心の高まりとともに、データマネジメントがマーケティングの課題となっています。
企業やサービス提供者が保有する会員データをサービスに適正に活用することは、大変有益な試みであり、既に多くの企業のマーケティングで取り組まれています。これを異なる複数の企業間で活用できれば、消費者へは計り知れない便宜を提供することが可能となります。

しかし、企業やサービス提供者は、情報セキュリティの観点から、自身の会員データをそのまま他社へ提供することはできず、他社会員データ連携によって多大な相互メリットが見込まれるケースであっても、そのことを諦めざるを得ませんでした。このため、一般的なID連携サービスとしては、大規模のポータルサイトやデータフォルダ等へデータベースを事前に名寄せさせる一極集中型の手法が使われてきましたが、一極に集中させる手法ではデータ漏洩時の危険性を増大させるばかりではなく、現在の主流となっている認証システムでの実装レベルにおける脆弱性などにより、実際にデータ漏洩事故も多発、採用を中止するサービスも現れております。

一方、消費者においては、複数サービス毎に登録された自身の様々なデータを簡単なログイン手続きによって安心して利用できれば便利だと感じる反面、相次ぐ会員データの流出事故や、一極集中でのデータ名寄せによるプライバシー侵害に対する強い不安を感じているといった現状が存在しております。

この問題を解決すべく、当社は、新たに開発し特許化した認証連携技術「データ・アブダクション」を搭載した「UnityGraph」を製品化いたしました。
「UnityGraph」は画期的なクロス・ドメインの技術であり、企業および会員サービス提供者等が保有する会員データを事前に名寄せしておくことを前提とせず、分散運用中データの安全性を担保した上で戦略的なデータ連携を実現する初のストラテジック・リレーショナルDMPです。
会員サービス提供側においては、これまでにない新しい形態のサービス提供や、他社との戦略的なアライアンスが可能となり、自らのサービス価値を向上させ、会員への付加価値を提供することができます。
消費者は、煩わしいID管理から解放され、簡単なシングル・サインオンの手続きのみで、ログインしたユーザーのみが複数DMP上の自身のデータをクロス・マッチングさせて閲覧することが可能となります。
「UnityGraph」により、連携するサービスは新たに戦略的メディアとなり、従来のマーケティング領域にとどまらない幅広い応用が可能となります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング