学校行事やイベントでも安全・安心・便利なテント ドイツ生まれのエアフレームテント『X-GLOO』の安全性を紹介し、導入を推奨

@Press / 2013年8月20日 15時30分

突風にも強く、倒壊の危険性を回避するテント
国内販売総代理店の株式会社デボルターレ(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:平澤 岳、以下 デボルターレ)と販売代理サポートをおこなう株式会社ヴィーナスブロードキャスト(本社:東京都港区、代表取締役:西田 圭悟)は、昨今の学校行事で発生したテント倒壊による負傷事故を受け、ドイツで誕生した“突風で飛ばされても安全”なエアフレームテント『X-GLOO(エックスグロー)』の安全性と概要についてご紹介致します。

エアフレームテント『X-GLOO』: http://x-gloo.jp/


昨今のテント倒壊による負傷事故から我々は、エアフレームテントの安全性を強調し、学校行事やイベント、更には防災などへの導入を推奨致します。

《参考:昨今のテント倒壊による負傷事故》
2013年8月18日に
・風でテント倒れ高校生など6人けが(NHK NEWSWEB)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130818/t10013849511000.html
・テント飛ばされ高校生ら6人けが 大阪府立布施高校(テレ朝news)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000010840.html
・突風:テント吹き飛ばされ高校陸上部員ら6人負傷 東大阪(毎日jp)
http://mainichi.jp/select/news/20130818k0000e040182000c.html
など他掲載ニュース多数

他2013年6月8日には学校行事にて、
・突風でテント飛び小学生7人けが 茨城(MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130608/dst13060816310012-n1.htm

更に2013年3月10日にはイベントにて、
・AKB握手会、強風でテント倒れ6人けが(47news / 共同通信)
http://www.47news.jp/FN/201303/FN2013031001001485.html

など、ここ半年以内で3件以上のテント倒壊による負傷事故が発生しています。


『X-GLOO』はドイツで生まれた“風で飛ばされても安全”なエアフレームテントです。風が強い吹雪の雪山での使用に耐え、持ち運びと設置が楽にできるというコンセプトをもとに、パラグライダーを開発しているドイツのSkywalk GmbHの技術を結集して作られました。デボルターレはアルミやスチールのフレームを使わず、空気抵抗も考えたこれまでにないドーム型のテントを設計しています。

@Press

トピックスRSS

ランキング