マガシーク、スウェーデン発のバーチャル試着ソリューション「Virtusize」を日本初導入

@Press / 2013年8月21日 10時0分

商品ページイメージ画像
総合ファッション通販サイト「MAGASEEK」を運営するマガシーク株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井上 直也、以下「マガシーク」)は、国内では初めての導入事例として、スウェーデンのバーチャサイズ社が開発するバーチャル試着ソリューション「Virtusize(バーチャサイズ)」を2013年8月21日より提供開始いたします。

インターネットで洋服を購入するお客様の多くは、試着することができないためサイズへの不安感を持っており、そのサイズへの不安感が購入をためらう要因にもなっています。また、サイズの不一致は返品の主な理由にもなっています。

今回、マガシークが日本で初めて導入するバーチャル試着ソリューション「Virtusize」は、「MAGASEEK」の商品ページ上で、購入したい洋服と自分の手持ちの洋服のサイズの差を2D画像で確認することができ、オンラインで購入する際のサイズへの不安感を解消するサービスです。

利用方法は、まず手持ちの洋服のサイズをあらかじめ入力しておく、もしくは「MAGASEEK」で過去に購入した洋服をバーチャルクローゼットに追加することで、自分のサイズ情報を登録します。登録後、購入したい商品ページ上で「Virtusizeボタン」をクリックすると、商品ページ上に「Virtusize」の画面が現れ、購入したい服と登録したサイズ情報を比較することができます。

「Virtusize」の導入により、既存のお客様への快適で楽しくお買い物ができる環境の提供と新規のお客様層の開拓を実現し、売上の増加と顧客満足度の向上を期待しています。

バーチャサイズ社の創業メンバーでもありCFOであるエリック・エクストランドは次のように話しています。
「私たちはマガシーク社と共に日本で“Virtusize”をローンチできることをとても楽しみにしており、特に私たちは全てのマガシークのお客様にオンラインで正しいサイズを見つけて合わせるお手伝いができることを嬉しく思います。私たちはこの試着ソリューションを開発するときに日本の採寸の基準に大きな影響を受けており、日本はバーチャサイズ社にとって大変重要なマーケットです。私たちは日本でのプレゼンスを高めることを期待して、既に東京にオフィスを設置し、初の従業員を雇っています。近い将来、私たちは多くの日本のオンライン小売業者にわたしたちのバーチャサイズ試着ソリューションを提供したいと思っています。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング