世界アルツハイマーデー(9月21日)に、“ブレインケア”を 高齢化社会の新しいサプリ『ジオフェルンZ』を新発売

@Press / 2013年8月29日 11時0分

『ジオフェルンZ』
 有限会社リバティ(本社:熊本県宇城市、代表取締役:大北 章史)は、アルツハイマー病の症状に有用な働きがあるとされる成分「ジオスゲニン」(※)を配合した高齢化社会のための“ブレインケア”サプリメント『ジオフェルンZ』を2013年9月21日より販売開始いたします。

詳細URL: http://www.antiaging-eshop.com/dioferun/
(上記URLは9月21日の販売開始と同時に公開されます)
通販ショップ: http://www.antiaging-eshop.com/

※参考記事: http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2901L_V00C12A8CR8000/
(日本経済新聞 電子版 2012年8月5日)


■「ジオフェルンZ」について
 和漢の専門研究機関(富山大学和漢医薬学総合研究所)が見つけた最先端のヤマイモ成分「ジオスゲニン」を配合。赤ワインエキス、イチョウ葉エキスをプラスし、3種類の酵母、4種類のビタミンをバランスよく配合いたしました。知的な健康を気づかう方の、爽快ですっきりとした毎日のためにご活用いただけます。


■主な成分
<ヤマイモ抽出物(ジオスゲニン高含有)>
 山芋は、漢方では「山薬」として、長く滋養強壮剤として利用され、古くから「腎気を増やして脾胃を健やかにする」など、その効能が知られていました。山芋に含まれる成分で、ジオスゲニンは「若返りホルモン」とも呼ばれるDHEA(デヒドロエピアンドロステロン)と構造が類似し、同じような作用があることが確認され、近年、滋養強壮作用、脂肪燃焼作用など、様々な機能性が報告されています。
 最新の研究結果では、アルツハイマー病への報告もあり、高齢化社会の切り札のブレインフードとして注目されています。

<赤ワインエキス>
 赤ブドウの果皮に含まれているとされるポリフェノールの一種「トランス体レスベラトロール」が多く含まれることから注目を浴びています。冴える力、若々しい体づくりに欠かせない成分です。

<イチョウ葉エキス>
 イチョウは2億年前から生存している植物として知られ、中国では薬として利用されてきました。欧米では、ずっと賢いままでいたいと思う人の間で広く普及している成分です。


■商品概要
商品名: ジオフェルンZ
名称 : ヤマイモ抽出物含有食品
内容 : 90粒(1ヶ月分)
価格 : 6,300円(税込)
URL  : http://www.antiaging-eshop.com/dioferun/
   : http://www.antiaging-eshop.com/ (トップページ)


■会社概要
商号   : 有限会社リバティ
代表者  : 代表取締役 大北 章史
所在地  : 〒869-0524 熊本県宇城市松橋町豊福2042-1
設立   : 2003年12月
事業内容 : 栄養補助食品の研究、開発及び販売。介護用品、福祉機器の販売。
通販サイト: http://www.antiaging-eshop.com/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング