髪が太る!「バルーン効果」で地肌を隠す育毛剤『ヘアーリスペクト』が販売累計個数“8千個”を突破!

@Press / 2013年8月27日 10時30分

『ヘアーリスペクト』製品版
オフィスエルピス(所在地:東京都杉並区、代表:久田 篤)では、株式会社バルーンサイエンス(所在地:群馬県伊勢崎市)が開発したW効果の医薬部外品薬用育毛剤『ヘアーリスペクト』を2012年末より販売開始し、この夏、販売累計個数8千個を突破いたしました。

URL: http://xn--t8j4aa4n718ns65a8q4a.com/hr/


■『ヘアーリスペクト』の2つの特徴
・短期で髪を太らせる
薄毛や抜け毛で悩む方の髪の毛1本1本はやせ細っています。髪の毛そのものを自然に太らせるためミトコンドリアの活性化を促す機能性分子群「リプレ」を用いて短期で髪の毛の体積を増加させます。これは「バルーン効果」と言われ、群馬産業技術センターで毛髪分析試験をした結果、1.6%の髪の毛体積増加が確認されています。これにより地肌が隠れやすくなるというメリットがあります。
従来の育毛剤は、効果を実感できるまでに少なくとも半年から1年は使用しないと結果が分からないのが特徴でした。しかし『ヘアーリスペクト』は短期で髪の毛の体積を増やすメカニズムのため、これまでの育毛剤では分かりづらかった2~3か月という比較的短期間での実感を得られやすいのが特徴です。

・髪の成長細胞に活性化させ髪を育てる
次にミトコンドリアを活性化させることにより、長期的に根本的な薄毛の解消を目指しています。人間を含む動物、植物、菌にいたるまで、地球上の生物のほとんどはミトコンドリアという細胞をもっています。最近の研究では死んだ細胞と考えられてきた髪の毛にも、内部に生きた細胞が存在することが分かりました。それが、髪の細胞内で栄養を元素に分解する働きをもつミトコンドリアです。


短期で髪を太らせ、長期で髪の健康を取り戻すことにより、薄毛や抜け毛の解消のお手伝いができるであろうW効果の医薬部外品の薬用育毛剤となります。


■安全性も考慮し、香料や防腐剤は不使用
一般的な育毛剤はアルコール配合量が35-80%と高濃度のため火をつけると発火します。これに対し『ヘアーリスペクト』ではアルコール配合量は医薬部外品認定に最低限必要な配合量とすることで火をつけても発火しない、低刺激の育毛剤となっています。

肌が弱い方でも安心してご利用頂けるよう、原料は天然成分のみとしています。
さらに育毛を目的とした成分として「エルゴチオネイン」という成分を採用しています。これはシイタケエキスから抽出される成分ですが、研究では動物の血液、肝臓など重要臓器中にも多く含まれている成分であることが分かっています。この成分は抗酸化機能があり、生命維持に重要な役割を果たしている可能性があると定義された成分です。この「エルゴチオネイン」という成分は市販されている他の育毛剤では採用されておりません。『ヘアーリスペクト』が初めての育毛剤となります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング