小・中学生のためのTOEFL(R)、TOEIC(R)に対応した英語スピーキング能力を測る「JET-Speakingテスト」を実施

@Press / 2013年8月28日 10時30分

受検風景イメージ
株式会社国際コミュニケーションズ JET委員会(本社:京都市中京区、代表取締役:梶浦 隆章)は、当委員会が実施するJET(Junior English Test)に加え、新たに小学生・中学生の英語スピーキング能力を測る「JET-Speakingテスト」のパイロットテストを、今秋に実施いたします。
http://www.jet-japan.ne.jp/

また、実施に先駆け、教育委員会・学校・英会話教室などパイロットテストを実施いただける協力団体を公募いたします。

JET(Junior English Test)は、TOEIC(R)TestおよびTOEIC Bridge(R)の前段階として、英語学習期間が数ヶ月程度の入門・初心者レベルの小学生・中学生から受検可能なコミュニケーション英語能力テストです。東アジアを中心に導入と普及が進む世界標準のテストであり、早期英語教育が盛んな韓国では、小学生を中心に、既に年間12万人以上が受検しています。
日本では2010年秋から実施され、2013年11月実施分で第10回を数え、延べ約3万人の小・中学生が受検しています。
そしてこの度、英語の能動的能力、その中でも実践的なコミュニケーションに不可欠なスピーキング能力をより正確に測定する手段として、「JET-Speakingテスト」の国内導入と、今秋のパイロットテスト実施を決定いたしました。


【導入実施の背景】
現在、「小学校英語の正式教科化」が検討されるなど、グローバル人材育成を命題として、政府が本格的に早期英語教育改革に乗り出しております。それを受けて、小・中学校、特に私立学校においては、よりコミュニケーション能力養成に重きを置いたプログラムへの志向性が高まっております。そういった社会背景の中、JETを採用する小・中学校も、加速度的に増加してきました。(現在導入校24校)
JETは、リスニング(L)とリーディング(R)というコミュニケーションの中でも受動的分野の能力を測定することにより、スピーキング(S)とライティング(W)という能動的分野の能力を類推し、コミュニケーション英語能力の総合的な指標としていました。
しかし一方で、英語の実践運用能力がより如実に表れるスピーキング能力を定量的に測定することができないか、という声が各学校、及び受検団体より多数寄せられました。

TOEIC(R)Testにおいても、従来のリスニング・リーディング(L&R)テストに加え、スピーキング・ライティング(S&W)テストの受検者が年々増加傾向にあります。
また、教育再生実行委員会から、「大学入試にTOEFL(R)を活用する」旨の提言があり、その主旨が英語の4技能測定を前提としていることからも、早期英語教育段階からスピーキング能力を測定するテストの存在が必須と考え、パイロットテスト実施を決定しました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング