「名古屋キャンピングカーフェア2013 Autumn」9月14日、15日開催! ~秋の行楽シーズンにキャンピングカーでおでかけを~

@Press / 2013年8月27日 12時0分

寺門ジモントークショーを開催
名古屋キャンピングカーフェア実行委員会(テレビ愛知事業部内)は、2013年9月14日(土)15日(日)の2日間、キャンピングカーの展示とアウトドアでの遊びを体感できるイベント「名古屋キャンピングカーフェア2013 Autumn」を開催致します。(特別協賛:日本RV協会)
春と秋の年2回開催しているこのイベントは、キャンピングカーやトラベルトレーラーなど、アウトドアで楽しめるクルマ100台以上を展示します.
「どの1台に一目惚れ!?」をテーマに、秋の行楽シーズンに向けて、来場者が気軽にキャンピングカーを見て、触れて、体感できるイベントです。
ネイチャージモンこと寺門ジモンさんをゲストに迎えてのトークショーも開催。キャンプやアウトドアの魅力をたっぷり語ります。
また会場内では様々なアトラクション、ステージコンテンツのみでなく、グルメも用意しておりますので、どなたでも楽しめる内容のイベントです。


【キャンピングカー業界トピックス】
■年々需要が拡大している「キャンピングカー市場」
近年、オリジナリティの高い「遊び」や「余暇の過ごし方」が浸透する中、家族や仲間とアウトドアを楽しむ人々が増えています。このような中で、生活基盤はそのままで行楽地に移動できる「キャンピングカー」は、利便性や小型化・低価格化もあり、自動車市場・アウトドア市場における注目が年々高まり、その需要も拡大してきています。

■キャンピングカーの購入層トップは世帯年収「400万円未満」のユーザー
近年、キャンピングカーはお金持ちだけのものではなくなってきています。
今年度の調査で購入者層のトップが「世帯収入1,000万円以上」から「400万円以下」に入れ替わりました。これは一部の富裕層だけのものではなく、世帯収入の低い人たちにも浸透してきたことを物語っています。
また、定年退職して、実質的な世帯収入は減ったものの、子供達が独立してキャンピングカーを維持しやすくなった人達が増えていることも意味しています。


【「名古屋キャンピングカーフェア2013 Autumn」イベント概要】
東海地区最大級のキャンピングカーショー。人気車種約120台が勢ぞろい。
「名古屋キャンピングカーフェア」がさらに内容充実!

1.キャンピングカー展示&販売
キャンピングカーやキャンピングトレーラーなど、東海地区最大規模の約120台を展示。
ほとんどの展示車両は実際に室内に入ることができ、快適な「くるま旅」を体感できます。注目は人気急上昇中の軽自動車をベースにしたキャンピングカー。サイズ・価格もお手頃です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング