未然に避難対策、安心安全の津波緊急時高台避難鎖階段「登るんだ」を発表

@Press / 2013年8月29日 9時30分

一般社団法人 災害時避難・救援協会(事業本部:大阪府東大阪市、代表理事:松茂良 興治)は、従来製品にはない機構の設置式避難梯子(津波緊急時高台避難鎖階段/特許出願中)を開発。安定性、安全性に最大限の配慮をした商品「登るんだ」として発表しました。


【背景】
東日本大震災での津波被害を目の当たりにし、安心・安全に避難できるような階段を、できる限り費用を抑えて提供することができないかと考え開発に至りました。


【「登るんだ」概要】
商品名:津波緊急時高台避難鎖階段「登るんだ」
価格 :84,300円(税抜) 5m単位ワンセット

●特長
・材質は、スチール製・メッキ加工。
 ※本体下部、地面接地部分にステンレスを使用したものもあります。
・どのような斜面でも安全確実に簡単設置。
・駆け上がり時の安定性確保を優先的に考えた構造(特許出願中)
・小売価格は個人でも安心してお求めやすい価格設定
 (災害対策としての購入希望であれば協会が価格の30%を補助いたします)


【社会貢献事業として】
多くの方々に安心・安全を実感していただきたく、また、社会貢献事業の一環として、本製品を先着で10式(1都道府県あたり1箇所設置で都合10式)、無償提供させていただきます。
詳しくは、お問い合わせ先までご連絡ください。

※配送・設置・組立費用等はお申し込み者にてご負担いただきますようお願いいたします。
※先着順にてお受けいたします。また、導入条件等がございますので、予めご連絡ください。


【協会概要】
一般社団法人 災害時避難・救援協会
所在地 :東大阪市玉串町東2-5-39
事業本部:大阪府八尾市福万寺町南6-1-3
代表理事:松茂良 興治
設立  :2013年4月15日

事業目的:
当法人は、災害発生時に会員相互の救助と助けあい、津波発生時の避難方法等を社会に広く普及させることを目的とする。

事業内容:
当法人は、災害発生時に会員相互の救助と助けあい、津波発生時の避難方法等を社会に広く普及させることを目的とするとともに、その目的に資するため、次の事業を行う。
・あらかじめ予測される地震・台風又は予測されない津波その他の災害に関しての新聞・テレビ等の的確な情報収集や発生時の会員各位の被害状況等々に関する調査
・あらかじめ予測される災害及び発生時の対応広報活動・救援活動
・災害に関する意識の向上と災害発生時の避難に対しての各種発案と意見交流
・津波被害に対する日常の避難訓練


【製品に関するお問い合わせ先】
担当:松茂良 興治(マツモラ コウジ)
電話:072-925-3450
FAX :072-923-8710

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング