“超軽量”ケータイマグに新ラインナップ登場 さらに使いやすくなった半回転オープン機構を採用 『真空断熱ケータイマグ』(JNOシリーズ) 9月1日より全国で新発売

@Press / 2013年9月2日 11時30分

商品画像
 サーモス株式会社(本社:東京都港区、社長:樋田 章司)は、より持ち運びやすくなった“超軽量”の「真空断熱ケータイマグ」(JNO-250/350/500)を9月1日より、全国の量販店で新発売いたします。

 全国魔法瓶工業組合出荷データによると、2013年のステンレス魔法瓶出荷数(1月~7月)は出荷本数約970万本と過去4年に比べ、最も多く(※)、マイボトルはブームではなく、ライフスタイルの一部となりつつあります。いつでも持ち歩くモノであることにより、「持ち運びやすさ」「使いやすさ」の機能を一層と向上させ、また「デザイン性」のある形状を追及したのが、今回発売する「真空断熱ケータイマグ」(JNO-250/350/500)です。

 ステンレス魔法瓶のパイオニアであるサーモスは、長年培ってきた真空断熱技術により、従来の保温・保冷力を維持しつつ、ステンレスの厚みと真空層の幅を限界まで薄く・小さくした新商品を開発しました。JNO-250はこの技術を用いて、約150g、JNO-350は約170g、JNO-500は約210gと、サーモス史上最軽量クラスの軽さを実現し、一層持ち運びやすく、シーンを選ばずご使用いただけます。また飲み口を半回転(160°)のみで、ストレスなく開けることができるようになり、360°どの向きからでも飲むことができます。JNOシリーズはシーンを選ばずに、気軽に愛用していただける商品となっております。
 サーモスは、好みのドリンクをおいしいまま手軽に持ち運べる技術提供により、お客様のちょっとした一休みの時間をサポートします。

(※)2013年全国魔法瓶工業組合出荷データ(1月~7月)


【サーモス「真空断熱ケータイマグ」(JNOシリーズ)製品概要】
・ステンレスの厚みおよび内筒と外筒の間にある真空層の幅を、強度を保てる限界まで薄く・小さくする技術によって、JNO-250は約150g、JNO-350は約170g、JNO-500は約210gという軽さを実現。
 ※JNO-350は従来品(JMZ-350:約220g)と比べ、約23%の軽量化。
 ※JNO-500は従来品(JMZ-480:約250g)と比べ、約16%の軽量化。
・半回転(160°)で開く、開けやすいフタで、やさしい口当たりの飲み口。
・清潔感のあるパールホワイト、洗練された赤味のバーガンディ、男性も使用できるブラックの3色展開。(JNO-250のみ、パールホワイト・バーガンディの2色)
・2色成型のリングパーツで、アクセントのあるデザインを採用。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング