ホテル投資コンサルティング会社と業務提携 ~国内外からのオペレーショナルアセットへの投資ニーズに対応~

@Press / 2013年9月2日 16時0分

提携概念図
東急リバブル株式会社(代表取締役社長:中島 美博、本社:東京都渋谷区)は、株式会社ホーワス・アジア・パシフィック・ジャパン(Horwath HTL、以下 HHTL社)および合同会社HTLキャピタルアドバイザーズ(HTL Capital Advisers LLC. 、以下 HCA社)との間で、ホテルなどの不動産取引に関する業務提携に合意いたしましたので、お知らせいたします。


今回の業務提携は、不動産投資市場において近時新たな投資先として注目されているオペレーショナルアセットのなかでも、特にホテルを中心とする不動産を対象とした事業機会の拡大を目的としております。
日々キャッシュフローの変動するオペレーショナルアセットの取引には、より専門的なノウハウやグローバルなネットワークが求められます。今回の業務提携先であるHHTL社およびHCA社は、ホテル投資におけるコンサルティング事業などをグローバルに展開しています。本業務提携により、当社は日本のホテル投資マーケットにおける国内外の投資家への仲介ビジネス機会を増加するべく取り組んでまいります。

これまでも当社は、不動産投資市場におけるサービスを展開するソリューション事業本部において、ホテルをはじめ物流施設・シニア施設・商業施設などのアセットごとに専門チームを設け、オペレーショナルアセットに関する取り組みを強化してまいりました。また、同本部内に欧米などの英語圏投資家に対するアプローチを行うチーム「グローバル・ビジネス・デベロップメント」を設け、対日不動産投資に関する情報発信力の強化にも努めており、本年7月には当社の仲介により、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル(千葉県浦安市)を米国大手ファンドへ売却しております。

当社は、今後も不動産投資市場における対応力を強化し、国内外の投資家に対するサービス向上に努めてまいります。


本業務提携の概要は以下の通りです。

■提携先企業
<HHTL社>
HHTL社は、世界30カ国にて50のオフィスを擁する世界最大のホテル関連業界を専門としたコンサルティングファームです。1987年アジア太平洋地域で設立されて以来、ホテル開発段階からホテル運営に関する支援まで広範囲に渡るサービスを提供しており、その顧客は個人のホテル所有者、国際ホテルチェーン、大手デベロッパー、金融機関、投資ファンド等と多岐に渡ります。同社は、現在アジア太平洋地域において、東京、北京、上海、香港、シンガポール、ジャカルタ、クアラルンプール、バンコク、ムンバイ、シドニー、オークランドに拠点を構えて業務提供を行っています。

<HCA社>
HCA社は、世界各国で活動しているホテルを専門とするコンサルティングファーム「ホーワスHTL」出身者らによって2008年に設立された、ホテルおよび関連資産の売買や資金調達、ならびにホテルアセットマネジメントに関する助言を行う独立系アドバイザリー会社です。


■本業務提携における各社の業務内容
当社およびHHTL社ならびにHCA社は、ホテルを中心とする不動産を対象として、各社の事業機会拡大のため互いに協力し、以下業務を実施してまいります。

提携概念図
http://www.atpress.ne.jp/releases/38333/1_1.JPG

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング