伊藤元重氏、鈴木宣弘氏、ピーター・ペトリ氏などが滝川クリステル司会の「NHK」の国際討論番組でTPPについて議論

@Press / 2013年8月29日 17時30分

NHKの国際討論番組「グローバルディベート WISDOM(ウィズダム)」(NHK BS1)は8月31日(土)午後10時から午後11時49分まで(途中10分間のニュースをはさむ)、「TPP 世界はどう見る ~どこまで進める 貿易の自由化~」というテーマの番組を放送します。

「グローバルディベート WISDOM(ウィズダム)」は、日英2か国語のウェブサイトやFacebookページで世界中から様々な意見を集め、議論を重ねた上で、IPネットワーク等で結ばれた世界各地の第一級の知性“WISDOM”たちが生放送で議論を繰り広げる新しいスタイルの国際討論番組です。生放送中にもツイッターで意見を寄せてもらうなど、双方向性を高め、これまでの討論番組にない新たな発想や鋭い意見を伝えていきます。この番組は、NHK BS1で2010年4月から特集番組として始まった「プロジェクトWISDOM」が去年4月、番組名も新たに、パワーアップして再スタートしたものです。
今回の放送のテーマはTPPをはじめとする貿易の自由化、経済連携についてです。日本も先月から交渉に加わったTPP・環太平洋パートナーシップ協定。交渉参加国の中でも、交渉をどう進めるべきか、どのような協定にすべきか、意見は分かれています。TPP以外にも、日中韓FTAやRCEP・東アジア地域包括的経済連携など、アジアを中心とした自由貿易圏や経済連携の創設の動きが加速しています。TPPは日本や世界に何をもたらすのか、自由貿易圏や経済連携の創設は世界経済をどのように変えるのか、議論します。討論の参加者は、アメリカから、ブランダイス大学教授のピーター・ペトリさん、NGO「パブリックシチズン」のローリー・ワラックさん、オーストラリアから、オーストラリア公正貿易投資ネットワーク議長のパトリシア・ラナルドさん、ニューサウスウェールズ大学オーストラリアビジネススクール学長のジェフリー・ギャレットさん、中国から北京大学国家発展研究院院長の姚洋さん、シンガポールからシンガポール国立大学准教授のシャンドラ・タンガベルさん、そして、東京大学大学院教授の伊藤元重(いとう もとしげ)さん、同じく東京大学大学院教授の鈴木宣弘(すずき のぶひろ)さんです。司会はNHKアナウンサーの真下貴(ましも たかし)、フリーアナウンサーの滝川クリステル。
番組のFacebookページとウェブサイトではテーマに関する意見を募集中です。お寄せ頂いたご意見は番組の中で紹介していく予定です。生放送中にもツイッターで視聴者からご意見を募集し紹介していきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング